ハロプロ新ユニットこぶしファクトリーがデビュー! T・レックスやザ・フー風の楽曲も

ニュース

[2015/9/2 00:00]

 つんく♂がプロデュースするハロー!プロジェクトから生まれた新しいアイドルグループ、こぶしファクトリーが9月2日にシングル『ドスコイ!ケンキョにダイタン/ラーメン大好き小泉さんの唄/念には念(念入りVer.)』でメジャーデビューした。

こぶしファクトリーオフィシャルサイト

 こぶしファクトリーは平均年齢15歳の8人組。ユニット名の“こぶし”は辛夷(こぶし)の花と、握り拳(こぶし)の両方が由来となっており、“ファクトリー(=工房)” には、“ももち”こと嗣永桃子も所属する先輩グループBerryz工房(無期限活動休止中)のスピリットを継承していけるように、との意味が込められている。

 彼女らのデビューシングルはバラエティ豊かな内容となっており、『ドスコイ!ケンキョにダイダン』はこぶしの効いたボーカルが粋なナンバーだ。『ラーメン大好き小泉さんの唄』は、シャ乱Qの人気曲『ラーメン大好き小池さんの唄』をつんく♂がリアレンジした、ファンキーなアッパーチューンとなっている。

 すでにライブでも人気曲となっている『念には念(念入りVer.)』は1970年代頃のロックテイストあふれる楽曲で、T・レックスの『20・センチュリー・ボーイ』やザ・フーの『マイ・ジェネレーション』などの王道ロックチューンのオマージュとも思えるようなフレーズが随所にちりばめられている。ロック好きの人は元ネタ探しをしても楽しめるかもしれない。

耳マン編集部