人気ボカロPのsamfreeが急死……歌い手のピコが追悼

ニュース

[2015/10/1 00:00]

 9月24日に人気ボカロPのsamfreeが急逝した。彼のTwitterは9月14日を最後に更新が止まっており、10月1日に家族により急逝が報告された。

samfreeのTwitter

 家族によるツイートによると「samfree(本名:佐野貴幸)は内因性の急死で平成27年9月24日に永眠致しました」とのこと。「31歳というあまりに早すぎる旅立ちでした。これまでsamfreeを応援して下さった全ての皆様、本当に有難う御座いました。お返事に関しましてはお返しできないことご容赦ください。 家族一同」としている。

 samfreeは『ルカルカ★ナイトフィーバー』や『Daybreak』などの楽曲が特に人気であり、再生回数が10万回以上のボーカロイド曲に贈られる “VOVALOID殿堂入り”のタグが付いている曲は20曲を超える。また、2015年1月から放送されているアニメ『放課後のプレアデス』のオープニングテーマ『Stella-rium』では作曲および編曲を担当した。

 ネットでは早すぎる別れを悔やむ声が多く、ニコニコ動画にアップされている『ルカルカ★ナイトフィーバー』の動画は、追悼のコメントで埋められている。Samfreeが楽曲提供や、ライブでのサポートをしていた歌い手のピコはTwitterで「僕はsamfreeのことが大好きです。友として、仕事仲間として、共に悩み、喜び、沢山の事を共有してきました。人生の先輩として沢山の事を教えてくれました。今の僕があるのは彼がいてくれたからです」「一緒に語った夢や目標、まだ実現できてないことだらけ。絶対叶えていくから見ててねさむふりー。そして今はゆっくり休んでください。本当に今までありがとう」と思いを綴った。

[耳マン編集部]