国民的美少女コンテスト出身、キルミーベイベー声優の高部あいが麻薬逮捕

ニュース

[2015/10/28 11:12]

 アイドルや女優、声優としても活躍していた高部あいが、10月15日に麻薬および向精神薬取締法違反容疑で逮捕されていたことが報じられ、ファンの間で衝撃が走っている。

高部あいが所属していた事務所のホームページ

 高部は、若手女優やタレントの登竜門ともいえるコンテスト『全日本国民的美少女コンテスト』の第10回記念大会(2004年)にてグラビア賞を受賞し、同年9月からはアイドルユニット、美少女クラブ21(のちに美少女クラブ31に改名)の2期メンバーとして活動。同グループには女優の福田沙紀や歌手のBENIらも所属していた。2005年には週刊プレイボーイが主催しているコンテスト『ミス週プレ』で初代グランプリに選ばれた。アイドルのみならず、女優や声優としても活動し、フジテレビ系連続ドラマ『青い花』(2009年)では主演の万城目ふみ役を演じ、TBS系アニメ『キルミーベイベー』(2012年)ではメインキャラクターの1人である呉織あぎり役を務め、人気を博していた。

 ネットでは、アイドルファンやアニメファンの間で特に話題となっており、「信じられない」「好きだったのにショックすぎる…」「キルミーベイベー2期への希望はなくなったか」「天然で清純ぽくて好きだったのに」などと、驚きの声が寄せられている。

 高部の所属事務所のオフィシャルホームページからは、プロフィールやブログが削除されている。

[耳マン編集部]