メンバーと疎遠だった頃のエピソードも! いきものがかりリーダー水野が思い出ツイートを連投

ネットで話題

[2015/10/28 18:31]

 音楽ユニットいきものがかりのリーダーを務める水野良樹(ギター、コーラス)が、10月28日に自身のTwitterでメンバーとの思い出を連投し、話題を呼んでいる。

水野良樹Twitter

 水野は「2016年3月15日の、デビュー10周年にむけて。連続ツイート企画【いきものがたり】不定期更新です」とのツイートのあと、いきものがかりメンバーとの貴重なエピソードを12回に分けて投稿。その内容はおもにメンバーである山下穂尊(ギター、ハーモニカ、コーラス)との出会いのエピソードで、小学生の頃に山下とともに飼育係である“いきものがかり”を務めたことや、中学で疎遠になった山下と高校で仲良くなり、音楽ユニットゆずに感化され音楽を始めようとした話などが読みやすい文体で綴られている。

 現時点ではまだ吉岡聖恵(ボーカル)は登場していないが、いきものがかり結成前の貴重なエピソードを知ることができる内容となっており、フォロワーからは「わくわくしちゃいます!」「本書けますね」「いい話」などとコメントが寄せられている。

 いきものがかりは11月3日に両A面シングル『ラブとピース!/夢題〜遠くへ〜』を発売予定。12月9日にはライブ映像収録したDVD・ブルーレイ『いきものがかりの みなさん、こんにつあー!!2015〜FUN! FUN! FANFARE!〜』のリリースも決定している。

[耳マン編集部]