板野友美、仮面女子ら出演予定の『がいな音楽祭』が突然の延期 理由は触れられず

ネットで話題

[2015/10/29 11:41]

 11月1日に鳥取の米子コンベンションセンターにて開催される予定だった『がいな音楽祭』の公演延期が、イベント開催日の4日前となる10月28日に発表された。

がいな音楽祭オフィシャルホームページ

 『がいな音楽祭』は“米子の町おこし”と“音楽×食×妖怪”をテーマとした音楽イベントで、元AKB48の板野友美や、アイドルグループ仮面女子、ロックバンドI Don’t Like Mondays.やギタリストのマーティ・フリードマンらの出演が予定されていた。

 当イベントのオフィシャルサイトでは「この度、11/1(日)に公演を予定しておりました“がいな音楽祭”は都合により急遽公演を延期させて頂くことになりました。公演を楽しみにされていた皆様にはご迷惑をおかけ致しますことを深くお詫び申し上げます」などと記載され、延期の理由については特に触れられていない。

 『がいな音楽祭』は、来場予定者を煽るようなツイートが問題視されたり、タイムテーブルの発表がないことなどからネットでもたびたび“炎上”していた。なお、オープニングアクトとして出演予定であったバンドhommeは「このイベントが起こしている一連の騒動やイベント内容の不透明さ、HP等の宣伝媒体の更新の遅さ、詳細を何度問い合わせても連絡がないこと等、数多くの不信感や不安感を抱いておりました」「メンバー・スタッフ間で協議した結果、もうhommeとしてこれ以上関わることはできないと判断いたしました」とオフィシャルサイトで発表した。

 当イベントのオフィシャルTwitterでは、公演の延期を発表したあともイベントの告知がツイートされており、ネットでは「自動ツイートが外れてないのか」「詰めが甘いのでは…」などと波紋を呼んでいる。

[耳マン編集部]