Azumi、ファーストオリジナルアルバムからKjプロデュースによる『Carnival』先行配信開始

ニュース

[2015/11/5 18:50]

 Wyolica解散後、ソロアーティストとして独自路線を歩んできたシンガー、Azumiが12月2日に初のオリジナルアルバムを発売する。題して『CARNIVAL』。

 そのアルバムから先行配信としてアルバムの表題曲『Carnival』が11月4日より配信スタートしている。社長(SOIL & "PIMP" SESSIONS)、韻シスト、DJ JIN(RHYMESTER)、大江千里、川口大輔、藤本一馬(orange pekoe)など、著名アーティストたちがサウンドプロデューサーとして招かれた同アルバム。先行配信となる『Carnival』はKj(Dragon Ash)プロデュースのアコースティック感が心地よい楽曲だ。

『CARNIVAL』ジャケット

 なお、アルバム発売を記念して、東京、大阪でのリリースツアーも決定している。これまで活動をともにしてきたSWING-O(キーボード)やSnapanng(ベース)をはじめ、SOIL&"PIMP"SESSIONSのメンバーみどりん(ドラム)、ギタリスト/プロデューサーとして活躍する関口シンゴ(ギター)らがライブメンバーとして参加。スペシャルゲストも招かれる予定で、いつも以上に豪華なライブとなりそうだ。公演の詳細はAzumiのオフィシャルホームページでチェックしてほしい。

Azumiオフィシャルサイトより

[耳マン編集部]