電気グルーヴによる初のドキュメンタリー映画に併せて音楽集のリリースが決定!

ニュース

[2015/11/5 20:43]

 国内ダンスデュオとして唯一無二の存在である電気グルーヴ。1991年のデビューからおよそ四半世紀、石野卓球はDJとして、プロデューサーとして、イベントオーガナイザーとして、国内外のダンスミュージックシーンを牽引し、ピエール瀧は今やドラマや映画に欠かせない存在感のある俳優として活躍中だ。

電気グルーヴ オフィシャルサイトより

12月26日より期間限定で上映されるのが、彼らの26年間の膨大な映像からピックアップした貴重なシーンと、元メンバーやスタッフやミュージシャンや関係者など、電気グルーヴとかかわってきた17人の証言により、電気グルーヴの26年間を総括するヒストリームービー『DENKI GROOVE THE MOVIE? ~石野卓球とピエール瀧~』である。

「DENKI GROOVE THE MOVIE ?」SPOT

 電気グルーヴは果たして何者なのか?という壮大なテーマを掲げ、ファンならずとも知りたくなる内容なのだが、この映画のサウンドトラック『DENKI GROOVE THE MOVIE? –THE MUSIC SELECTION-』が、12月23日に発売されることになった。選曲を同映画の監督でもある大根仁が手がけ、映画の内容と完全にシンクロした、これまでに無かった電気グルーヴのコンピレーションで、あの名曲「N.O.」の新録バージョンも収録されている。

タイトル:『DENKI GROOVE THE MOVIE? ~石野卓球とピエール瀧~』
公開表記:2015年12月26日(土)全国2週間限定年越しロードショー
配給:ライブ・ビューイング・ジャパン
コピーライト:© 2015 DENKI GROOVE THE MOVIE? PROJECT

[耳マン編集部]