ソニックユース、キム・ゴードンの愛犬の名前が“メルツバウ”だということが判明

ネットで話題

[2015/11/11 11:19]

 ロックバンド、ソニック・ユースのキム・ゴードン(ベース、ギター、ボーカル)が飼っている犬の名前が“Merzbow”(メルツバウ)だということが、本人のInstagramにて判明した。

キム・ゴードンInstagram

 キムは11月3日、自身のInstagramに「Happy birthday merzbow!!!
The beSt dog ever」というコメント付きで可愛らしい犬の写真を投稿。この日は“メルツバウ”の誕生日だったようで、愛犬を可愛がるキムの様子がうかがえる。

 メルツバウとは、秋田昌美が主催するノイズユニット。1979年から活動を始め海外でもリリースやライブ活動を行い、現在までに300枚以上のCDをリリース。日本のノイズミュージックを代表する存在である。ユニット名の“Merzbow”とは、ドイツ人芸術家のクルト・シヴィッタースによる建築作品の“Merzbau”から由来しているようだ。なお、現在も活動中で11月23日に高円寺UFO CLUBにてロックバンドDMBQとツーマンライブを行う予定だ。

 キムは自身が立ち上げたファッションブランドX-girlで「I ♡ Merzbow」とデザインされたTシャツを販売するなど、かねてからメルツバウ好きだということがうかがえたが、まさか愛犬の名前になっているとは驚きだ。今後も愛犬の“メルツバウ”がInstagramに登場することがあるかもしれない。要チェックだ。

[耳マン編集部]