『フラッシュポイント(発火点)』に有賀幹夫氏と漫画家の髙橋ツトム氏によるスペシャル対談を収録

ニュース

[2015/11/19 11:00]

 来日25周年を記念して12月2日に『スティール・ホイールズ』と『フラッシュポイント(発火点)』がプラチナSHM/SHM-CDの2形態(紙ジャケット仕様)で発売されるローリング・ストーンズ。

 25周年にして今なおバリバリの現役というから驚きである。結成は1962年、ドラムのチャーリー・ワッツの至っては、御年74歳である。耳マン読者なら「おじいちゃんと同じ!」なんて人もいるかもしれない。

『スティール・ホイールズ』1989年リリース

 そんな彼らの来日記念盤のうち『フラッシュポイント(発火点)』のブックレットには、日本人唯一のザ・ローリング・ストーンズ・オフィシャル・フォトグラファーである有賀幹夫氏と、自他ともに認めるストーンズ・フリークで漫画家の髙橋ツトム氏による対談が掲載される。

『フラッシュ・ポイント』1991年リリース

 また、12月2日発売されるザ・ローリング・ストーンズの2作品『スティール・ホイールズ』と『フラッシュポイント(発火点)』のプラチナSHMをタワーレコードにて、購入するとオリジナル特典ポスターがつくことが決定した。2枚ともストーンズの歴史を知る上で重要な1枚となっている。これを機会にレジェンドに触れてみてはいかがだろうか?

[耳マン編集部]