棚橋弘至も「胸熱!!」なバンド復活、「この曲で入場する!」かつての入場曲への思いを綴る

ネットで話題

[2015/11/19 12:25]

 BRAHMANが結成20周年を記念して 11月14日、15日に開催した音楽イベント『尽未来際~尽未来祭~』でSUPER STUPIDが16年ぶりに復活して(SUPER STUPIDは11月14日に登場)音楽ファンのあいだで話題となったが、プロレスラーの棚橋弘至もそのひとりだったようだ。Twitterで同バンドへの思いを綴っている。

棚橋弘至Twitter

 かつてSUPER STUPIDの『DO IT MY SELF』を入場曲として使用していた棚橋は、バンドの復活に「SUPER STUPID復活!胸熱!!」と興奮した様子でコメント。そして「大学生のとき、京都の古着屋さんで『DO IT MYSELF/SUPER STUPID』が流れていて、プロレスラーになったら“この曲で入場する!”と誓った」と『DO IT MY SELF』を入場曲に選んだ理由を綴った。ライブでは同曲も演奏され、そのことをファンから伝えられると「ファァァー!」と残念そうに反応。どうやらライブを観ることはできなかったようだ。なお、現在の入場曲は、ジュリア・クラリス作曲の『HIGH ENERGY』である。

棚橋弘至Twitter

 SUPER STUPIDは1994年に結成されたスリーピースロックバンドで、1999年に活動を休止。今回の復活はあくまで限定的なもので、今後の活動は予定されていないようだ。ベース&ボーカルの市川昌之は現在、ソロミュージシャンLOW IQ 01として、ギター&ボーカルの大高ジャッキーはchietronix aka 大高ジャッキーとして、ドラムの佐藤浩はCokehead Hipstarsのメンバーとして活動している。