リンゴ・スターのドラムオークションがやっぱりすごい値段に……購入したのはあのチームのオーナー

ニュース

[2015/12/7 15:08]

 元ビートルズのメンバー、リンゴ・スターが愛用したドラムセットがオークションにかけられて話題となったが、このドラムセットが211万ドル(約2億6000万円)で落札されたようだ。オークションを開催したジュリアンズ・オークションが報告している。

ジュリアンズ・オークションTwitter

 落札したのは、ビートルズのファンとしても知られる米ナショナルフットボールリーグ(NFL)・インディアナポリス・コルツのオーナー、ジム・アーセイ氏だ。米の情報誌『ローリングストーン』のウェブサイトでは、ジム・アーセイ氏が「なぜ私が220万ドルをリンゴ・スターのドラムセットに払ったか」というテーマで語る特集も組まれている。

 今回落札されたドラムセット、ラディック社のブラック・オイスター・パールは、ビートルズ初期にリンゴ・スターが使用していたことでお馴染み。彼らのヒット曲『キャント・バイ・ミー・ラヴ』『抱きしめたい』などのレコーディングでも使用されたものだ。

 ほかにもジョン・レノンがリンゴ・スターにあげたというリッケンバッカーのギターも出品され注目されていたが、そちらは91万ドルで落札されたようだ。

 今回のオークションでは、先述のドラムセット、ギターなどを含むリンゴ・スター夫婦が所有する数々のアイテムが出品されたが、920万ドルの売り上げになったと報告されている。

ジュリアンズ・オークションTwitter

[耳マン編集部]