湘南乃風、若旦那のライブに尾崎豊の息子、尾崎裕哉が登場! ブルーハーツの隠れ名曲『ほんの少しだけ』もファンは胸アツ

ニュース

[2016/2/22 11:34]

湘南乃風、若旦那のライブに尾崎豊の息子、尾崎裕哉が登場!
湘南乃風の若旦那が、2015年8月にリリースした4枚目のオリジナルアルバム『WAKADANNA 4 ~男はつらいぜ、泣いてたまるか~』の全国ツアー千秋楽を2月20日に下北沢GARDENで開催。サプライズゲストとして、尾崎豊の長男の尾崎裕哉が登場し、会場が沸きに沸いた。

若旦那(左)と尾崎裕哉(右) Photo by Aki Saito

音源化されていないブルーハーツの名曲『ほんの少しだけ』も披露!
ライブは『WAKADANNA 4 ~男はつらいぜ、泣いてたまるか~』収録曲を中心に演奏され、そのアツいメッセージの数々にファンも大盛り上がりとなった。そんななか、途中には若旦那が最も影響を受けたアーティストのひとりだというブルーハーツの未CD化楽曲『ほんの少しだけ』のカバーが披露された。この曲はCDにはなっていないロックナンバーだがファンの間では名曲として人気があり、若旦那のブルーハーツ愛がうかがえる瞬間となった。

Photo by Aki Saito

尾崎裕哉とのコラボ曲『ハル ~feat. Hiroya Ozaki~』を披露
大盛況のなかライブ本編は終了。すると、アコースティックギターを抱えた若旦那が再登場し、湘南乃風の代表曲『純恋歌』をバンドで演奏。そして3曲演奏すると、サプライズゲストとして尾崎豊の長男の尾崎裕哉が登場した! 尾崎豊も若旦那が影響を受けたアーティストのひとりで、これまでに尾崎の名曲『シェリー』のカバーも発表している。尾崎裕哉とはかつての尾崎のスタッフを介して知り合い、会ってすぐに意気投合。話が盛り上がった流れで一緒に曲を作ることになり、『ハル ~feat. Hiroya Ozaki~』という楽曲を制作したという。この日のライブで同曲が初めて客前で演奏されたが、どこか淋しさを感じさせるリリックとメロディ、声質が違うふたりが紡ぐ独特のハーモニーに、観客もすっかり魅了されていた。

Photo by Aki Saito

Photo by Aki Saito

4月6日には、5枚目となるアルバム『WAKADANNA 5 ~フォアグラなんていらねぇよ~!』のリリースが決定している若旦那。同作で『ハル ~feat. Hiroya Ozaki~』も聴けるのか、楽しみにしておこう。

[耳マン編集部]