高野政所(DJ JET BARON)が活動再開「長いようで短く、まさに自業自得の一年間でした」

ネットで話題

[2016/3/4 11:34]

高野政所が活動再開を発表「長いようで短く、まさに自業自得の一年間」
3月3日、ミュージシャンの高野政所が約1年ぶりにTwitterを更新し、活動再開を発表した。高野は2015年3月3日に大麻を所持していたとして逮捕されてから、1年間活動を自粛していた。逮捕にともないこれまでリリースされていた彼の音楽作品の配信や出荷が停止され、店長を務めていた東京・渋谷のクラブACID PANDA CAFEは2015年4月に閉店した。彼は「あの日より本日でちょうど一年となりました」と報告し「長いようで短く、まさに自業自得の一年間でした」と事件があってからの1年間を振り返りながらコメントした。

彼のこれまでの活動 トラックメイカー・DJのほか“ファンコット”の第一人者
彼はこれまで高野政所名義やDJ JET BARON名義でのソロ活動のほか、テクノユニットLEOPALDONのメンバーとしてトラックメイカー・MCとしても活躍をみせていた。また、インドネシアで誕生したダンスミュージック “ファンコット”の日本における第一人者とされ、TBSラジオ『ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル』の番組内でも同ジャンルをたびたび紹介。ガールズラップユニットhy4_4yhの楽曲にてファンコットの音楽性を取り入れた編曲で参加するなど、精力的に活動を行っていた。

活動再開は3月26日の新木場agehaにて
高野が活動再開後、最初に出演するイベントは3月26日に新木場ageHaにて行われる『下町ブギー 〜春爛漫下町入学式〜』となっている。同イベントにはCHOP STICKやBISCO KID、TIGER KIDなど多数ゲストが登場する予定だ。

[耳マン編集部]