Twitterで話題の「#いらすとやさんの素材で名盤を再現してみる」を実際にやってみた!

ネットで話題

[2016/3/10 16:30]

Twitterで話題のハッシュタグ#いらすとやさんの素材で名盤を再現してみる
最近Twitterで話題を呼んでいるハッシュタグ「#いらすとやさんの素材で名盤を再現してみる」をご存じだろうか。これは可愛らしいフリー素材を配布しているサイト『いらすとやさん』の素材を使って“名盤”と呼ばれるレコード/CDジャケットを再現した画像をつくる、というもの。Twitterで当ハッシュタグを見てみると、ニルヴァーナの『ネヴァーマインド』やダフトパンクの『ランダム・アクセス・メモリーズ』などの名盤がシュールに再現されており、センスを感じさせる作品の数々が投稿されている。

耳マンでもあの有名ジャケを再現してみたっ!
そんななか、流行に敏感で音楽が大好きな耳マン研究所(編集部)も、この企画に挑戦。再現したいジャケがたくさんあって困ってしまったが、“ダサジャケ(ダサいジャケットの意)”の呼び声も高くたびたび話題となるイングヴェイ・マルムスティーンの『ファイヤー・アンド・アイス』をチョイス。同サイトの素材を駆使し、試行錯誤の末できあがったのがこちらの作品だ! ぜひ本物と比較していただきたいっ

イングヴェイ・マルムスティーン『ファイヤー・アンド・アイス』ジャケット

耳マンに在籍する“コラ職人”が制作した『ファイヤー・アンド・アイス』ジャケット


作り出すと結構ハマる! 『いらすとやさん』素材の可愛さよ
上記のジャケが1番しっくりきた作品となったが、制作する過程ではイングヴェイ役の人物をどの素材にするかで悩みに悩んだ。せっかくなので次点となった作品たちもぜひご紹介したい。それにしても『いらすとやさん』のイラストは素朴で可愛らしく、何だか愛着がわいてしまうものばかり。Twitterでは音楽作品のジャケット以外にもゲームのパッケージなどを再現するのも流行しており、そのどれもがシュールでおもしろい。興味のある方はぜひ好きなジャケを再現してみてはいかがだろう!?

手の角度がイングヴェイと似ている
ファイヤー・アンド・アイススケート的な
大地を踏みしめてる感じが足りない
鍋のなかで燃えさかる火で“ファイヤー”を表現

[耳マン編集部]