Zeebraが渋谷区観光大使ナイトアンバサダーに就任!クラブカルチャーを通して健全なエンタテインメントを

ニュース

[2016/4/21 17:32]

『Zeebraが渋谷区観光大使に就任! CCCCでの活動が評価される』
ラッパーのZeebraが4月20日より『渋谷区観光大使ナイトアンバサダー』に就任したことを自身のTwitterで報告した。彼は『クラブとクラブカルチャーを守る会』での活動から音楽やクラブカルチャーを通して健全な日本のエンタテインメントの可能性、未来について広く発信し啓蒙しているとして同大使に就任したようだ。これについてZeebraは「今年6月の風営法改正を受けて更に盛り上がる渋谷を、より素敵な街にするお手伝いです!」と綴っている。

<耳マンのそのほかの記事>

Zeebra Twitter

『クラブとクラブカルチャーを守る会とは?』
Zeebraが会長を務める『クラブとクラブカルチャーを守る会』はクラブ固有の文化的価値と経済的可能性を振興し社会や地域に貢献するため、クラブ事業者とアーティストやDJが連携してクラブに関連する問題の解決に取り組み、より良いクラブとクラブカルチャーの創造を目標とする団体。これまで街の清掃やCM制作のほかダンス文化推進議員連盟総会に出席するなど、クラブカルチャーのマナー向上や、風営法のダンス規制の問題に対する活動を行っている。

『アムステルダムの「ナイトメイヤーサミット」にZeebraが日本から唯一の登壇!』
さらにZeebraは4月22日、23日にオランダ・アムステルダムで開催される『ナイトメイヤーワールドサミット2016』に日本から唯一の登壇者として出席する。ナイトメイヤーとはアムステルダム市長公認の役職で、“夜の市長”としてナイトカルチャーを発展させるための活動を行うボランティア。同サミットでは世界のナイトメイヤーが参加し、ナイトカルチャーの経済および文化的価値を発展させるための国際会議を実施する。Zeebraは「日本のクラブの良さをしっかりアピール出来るように頑張ります」と意気込んでいる様子。今後の活躍にも注目だ。

Zeebra Twitter
『ナイトメイヤーワールドサミット2016』 オフィシャルホームページ

[耳マン編集部]