「やっぱりロックが好きなんだ」内田裕也がDAIGOと北川景子の結婚披露宴について綴る

ネットで話題

[2016/5/2 11:10]

『DAIGOと北川景子が結婚披露宴を開催「奇跡の連続」』
4月29日に歌手でタレントのDAIGOと女優の北川景子が結婚式・結婚披露宴を行った。DAIGOは九州の地震のニュースを受け、披露宴を行うべきなのか北川とともに毎日悩んでいたが、お世話になっている人々や芸能界の先輩に相談したところ、「やったほうがいい」と多くの人に背中を押されたこともあり、話し合いの末執り行うことを決断したことを自身のブログにて綴った。彼は披露宴について「本当に感動しました。奇跡の連続でした」と感想を述べながら、まわりの人々への感謝の想いを丁寧な言葉で綴っている。

<耳マンのそのほかの記事>

DAIGO オフィシャルブログ

『「やっぱりロックが好きなんだ」内田裕也も披露宴に参加し感想を綴る!』
そんななか、ミュージシャンの内田裕也も同披露宴に参加したようで、その模様や感想をTwitterに綴っている。内田は多くのロックミュージシャンとともに震災への募金活動や被災地でのコンサートを行うなどの活動をしていた手前、「出席を少しためらっていた」そうだが、古い友人である芸能プロダクションA-Teamの代表取締役・小笠原明男氏が出席することや、テレビで共演した際のDAIGOの人柄に惹かれて出席することを決めたそう。披露宴ではGLAYとL'Arc~en~Cielがコラボレーションし演奏を行ったようで、内田は「やっぱりロックが好きなんだとニヤッとしながら聞いた」ことを明かした。さらに、約4時間によって行われた披露宴を「これぞショービジネスワールド!!」と表現し、楽しんだ様子を報告した。

『この日のためにつくった曲『KSK』も絶賛!「イケるよ!」』
さらに、披露宴ではDAIGOが この日のために制作した新曲『KSK』をサプライズで披露。同曲のタイトルには “結婚してください”という彼のプロポーズの言葉が込められている。内田はこの曲について「シングル『KSK』はイケるよ!」と太鼓判を押した。“ロックンロール”な内田のお墨付きの『KSK』について、DAIGOはブログで「音源化したほうがいいかな? どうかな? 意見聞かせて」とファンに問いかけている。果たして同曲が音源化されることはあるのだろうか……? DAIGOと北川の今後の活躍とともに、同曲のゆくえにも注目したい!

DAIGO オフィシャルブログ

[耳マン編集部]