あの大物ラッパーがリアルな家事ライフ歌う!? “洗濯ラップ”に共感の声

ネットで話題

[2016/5/20 17:58]

『Kダブシャインが “洗濯ラップ”を披露!?』
5月19日、ラッパーのKダブシャインがYouTubeに“家事ラップシリーズ第1弾”として“洗濯ラップ”の動画をアップした。Kダブシャインは1993年にZeebra、DJ OASISとともにヒップホップグループ、キングギドラ(現KGDR)を結成し、1995年にデビューアルバム『空からの力』をリリース。2度の活動停止を経て2011年より再び活動を再開。グループでの活動のほか、ソロでも活動を行っている。日本のヒップホップ界における重要人物のひとりで、ミュージシャンからもリスペクトを受ける存在だ。

Kダブシャイン『あの大物ラッパーが菌とバトル!?リアルな洗濯ライフを披露する!』

<耳マンのそのほかの記事>

『「家事はやっぱ自分でやんないとカッコ悪いよねぇ」』
そんな彼の“洗濯ラップ”は「家事はやっぱ自分でやんないとカッコ悪いよねぇ」という発言から始まり、「泡をうねりが回転させ 分解させるぜ 仕事の汗」「立てた手柄に 想いを馳せ 疲れなんか汚れと排水流せ」といった繊細な表現で洗濯についてのリリックが紡がれている。ラップ内では色物への気遣いや彼女の洗い忘れた下着を洗う描写も登場し、洗濯機を回し終えて干すところまでが描かれている。ラップとともに流れる映像は、液体洗剤の“アタック Neo”を使用しKダブシャイン本人が洗濯を行うというもの。Kダブシャインが洗濯し終えたRUN-DMC(アメリカのヒップホップグループ)のTシャツを傍らに洗濯物を畳むシーンは、ファンにとっては“胸熱”かもしれない……!

Kダブシャイン

『Kダブシャインが家事と向き合う“家事ラップシリーズ”第2弾に期待!』
“洗濯ラップ”ではKダブシャインの渋くてかっこいいラップはもちろんのこと、そのリリックに彼が真摯に家事に向き合う様子が描かれており、とてもクールだ。ネットでは「やはり上手い」「俺もアタック使ってるからKダブ好きになった」「共感できる」などとコメントが寄せられている。同作は“家事ラップシリーズ”の第1弾ということで、第2弾以降はいったいどんな家事についてのラップが繰り広げられるのか、注目していきたい!