ジャズに乗せたアツすぎるスポーツ魂!パラリンピック予告映像が感動的だと話題

ニュース

[2016/8/9 17:41]

オリンピック、絶賛盛り上がり中!

連日、熱戦がくり広げられているリオデジャネイロオリンピック。本日8月9日現在、日本は金メダル3個、銅メダル7個を獲得する活躍をみせているが、たとえ結果が出なくとも諦めずに立ち向かっていくすべての選手の勇姿に、心より拍手を贈りたい。

そんなオリンピックは8月21日まで開催され、まだまだ寝不足な日々が続きそうだが、9月7日からは同地でパラリンピックが開催される。こちらも開幕が非常に楽しみだが、YouTubeに公開されている今大会のトレーラー映像が感動的だと話題だ。

リオデジャネイロパラリンピックトレーラー映像

<耳マンのそのほかの記事>

ジャズに乗せたアツい映像!まさにYes, I can!!!!!!

BMGには高揚感あるジャズが使用され、全体的に非常にウキウキとする、アツい内容に仕上がっている。足で器用にスティックを操ってビートを刻むドラマーの合図から、障害を抱えながらも巧みな演奏を聴かせるミュージシャンたちの演奏がスタート。彼らが奏でるノリノリのジャズに合わせて競技者たちが奮闘する姿が収められるが、そこにはハンディキャップを持っていることに対するネガティブな雰囲気はまったくなく、競技を精一杯に楽しみ、ベストを尽くすというスポーツの在り方がそのままに表現されている。

途中、曲調がガラリと変わるシーンでは、足でエレキギターをプレイするギタリストをはじめとしたロックミュージシャンたちも登場! これは最高にロックだぁぁぁ! 鳥肌が立つほどカッコいいシーンが満載のこの映像、曲中でたびたび登場する「Yes, I can」という歌詞がぴったりのエネルギーに満ちた大作となっているので、開幕前にぜひチェックしてほしい!

[耳マン編集部]