ガガ様を彷彿とさせる!? KANA-BOONニューシングルのジャケが斬新でステキ……

ニュース

[2016/8/10 12:00]

勢いを増すバンドKANA-BOONが8ヶ月ぶりのニューシングルを発売

現在の若手ロックシーンを牽引する4人組ロックバンド、KANA-BOON。彼らは2016年2月にサードアルバム『Origin』をリリースし、香港・台湾での初の海外公演を含むツアー『KANA-BOONの格付けされるバンドマンツアー 2016』では自身最大規模の5万人の動員を記録。さらに今夏は11もの音楽フェスに出演を果たすなど、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いである。そんな彼らが8ヶ月ぶりとなるニューシングル『Wake up』を10月5日にリリースする。これにともない本日8月10日に同シングルのジャケットが公開となった。

KANA-BOON。左から小泉貴裕(ドラム)、飯田祐馬(ベース)、谷口鮪(ボーカル、ギター)、古賀隼斗(ギター)

<耳マンのそのほかの記事>

起きてるかと思いきや寝てる斬新ジャケ……ガガ様を彷彿とさせる!?

『Wake up』は10月8日から公開される映画『グッドモーニングショー』の主題歌。そのタイトル通り、ジャケットではギターボーカルの谷口鮪がパッチリと目を開けて“起きて”いるかと思いきや……まぶたに目が描いてあるだけで、バッチリ“眠って”いるではないか! そんなタイトルと裏腹なユーモアあふれるジャケットは、アメリカのアーティスト、レディー・ガガが2011年に来日し記者会見を行った際に施していたメイク(目をつぶり、まぶたにキラキラの瞳のイラストが描かれていたもの)を彷彿とさせるかもしれない!? 目を引くジャケットが印象的な『Wake up』だが、楽曲は前述の映画内の言葉ともリンクする情熱的で力強いメッセージソングだ。

『Wake up』初回限定盤ジャケット
『Wake up』通常盤ジャケット


なお、同シングルには、バンド自身の現状打破と勝利を誓う“ファイトソング”『LOSER』、躍動感あふれるメロディーに乗せて、現代人のリアリティを表現する楽曲『Weekend』の2曲も収録。表題曲『Wake up』は本日10日22時より放送されるラジオ番組『SCHOOL OF LOCK!』(TOKYO FM系)にて最速オンエアされるので、ぜひチェックしてほしい!

[耳マン編集部]