ほぼ全裸アンソニーに「以前のレッチリみたい」の声……レッチリの最新MVが公開される

ニュース

[2016/9/13 12:15]

レッチリの最新MVが公開されました!

2016年のフジロックの最終日のトリも飾った世界的ロック・バンド、レッド・ホット・チリ・ペッパーズの新たなMVが公開され、ボーカルのアンソニーがほぼ全裸に白塗りというファンキーな姿を披露し、話題となっている。

<耳マンのそのほかの記事>

ファンキーで楽しいMV!「以前のレッチリみたい」

今回公開されたのは、彼らが約5年ぶりにリリースした11枚目のニューアルバム『ザ・ゲッタウェイ』(6月17日発売)に収録されている楽曲『ゴー・ロボット』のMV。ベースラインを2本重ねて構築したファンキーな楽曲に合わせ、ほぼ全裸に白塗り&ハットというこれまたファンキーな格好をしたアンソニーがニューヨークを練り歩く。ジョン・トラボルタ主演の名画『サタデー・ナイト・フィーバー』を再現するかのように、白塗りアンソニーが踊りまくるシーンが見どころだ。また、フリー(ベース)がチャラチャラした若者(?)を演じていたり、チャド(・スミス/ドラム)がクラブのバウンサーになっていたり、ジョシュ(・クリングホッファー /ギター)がさりげなくピザ屋の店員として登場していたり、各メンバーの登場シーンを探すのも楽しい。近年は成熟したロックバンドといった雰囲気も醸し出している彼らだが、かつては超パンキッシュで、全裸&股間にソックスなどの姿でもライブを行っていた。今回のアンソニーの姿はそんなかつての彼らを連想させるようで、「以前のレッチリみたい」などの声も寄せられている。

『ザ・ゲッタウェイ』ジャケット

レッド・ホット・チリ・ペッパーズと言えば、12月に行う彼らのイギリスツアーに日本の女性3人組メタルダンスユニットBABYMETALをゲストとして迎え入れたことでも話題となっている。レッチリとベビメタの共演もあるのか、そちらにも期待大だ。

[耳マン編集部]