いきものがかり水野が“ポッキーのCM誤解あるある”を告白……ガッキーが踊っていたのはあの曲!

ネットで話題

[2016/11/11 13:07]

11月11日は何の日!?

本日11月11日はさまざまな日に制定されている。特に注目したいのは“ベースの日”。これは、ベースの弦が4本であることにちなんで、音楽プロデューサーでベーシストの亀田誠治の提案から始まり、制定されたもの。ほかにもサッカーの日、くつしたの日、チンアナゴの日など、多数のユニークな日が制定されている。そんななかCMなどでも放送されポピュラーなのは、“ポッキー&プリッツの日”。これを受けて同日、ポッキーのCMソングも担当したいきものがかりの水野良樹が「ポッキーのCM誤解あるある」をTwitterに投稿した。

<耳マンのそのほかの記事>

ガッキーがキュートに踊っていたのはいきものがかりの曲じゃなかった……

水野は「新垣結衣さんの素敵なダンス姿を思い出した皆さん」とフォロワーへ呼びかけた。これは、2006年に放送された“ガッキー”こと新垣結衣が出演したCMのことだと思われるが、水野は「そのCMで流れているのは、いきものがかりではありません」と明言。続けて彼は「オレンジレンジさんの“おしゃれ番長”です」と、同CMのBGMに起用されたオレンジレンジの楽曲『おしゃれ番長』を紹介した。また、いきものがかりの楽曲『じょいふる』が起用されたCMにて「可愛くパワフルに」ダンスを繰り広げていたのは女優の忽那汐里であることを明かした。(忽那は『おしゃれ番長』でのCMにも出演)。水野の告白に、ネットユーザーからは「勘違いしてました(笑)」「“じょいふる”と“新垣結衣”のイメージが強すぎましたね」「良い情報…!」「ポッキーといえばやっぱりじょいふる!いきものがかり!ですね」「懐かしい!」とのコメントが寄せられ、勘違いをしていたユーザーがいることも見受けられた。なお、『じょいふる』がCMソングに起用されていた時期、いきものがかり本人たちもCMに出演していた。

水野良樹 twitter

ポッキーCMから10年を経ても話題のガッキーダンス!

ガッキーのダンスといえば、これまでポッキーのCMが印象的であったが、最近では現在放送中の彼女が出演しているドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)での “恋ダンス”も話題を呼んでいる。これは、ドラマのエンディングにて、主題歌である星野源の楽曲『恋』に合わせてガッキーと星野をはじめとした出演者たちがキュートで軽快なダンスを踊るというもの。この“恋ダンス”を踊るガッキーに、ポッキーのCMのダンスシーンを彷彿とする人も少なくないかもしれない。それにしても、2006年のポッキーのCMのから10年の月日を経てふたたび“恋ダンス”で話題をさらうなんて、ガッキーのポテンシャルは本当に底知れない!

水野のツイートによって誤解も解けたところで(!?)、名曲の多いポッキーのCMソングを改めて鑑賞してみても楽しめるかもしれない。

[耳マン編集部]