きゃりーが一部のファンに苦言呈す「ファンって行き過ぎると敵なの?なんなの?」

ネットで話題

[2016/11/15 16:50]

きゃりーが一部のファンに苦言……

11月15日、歌手のきゃりーぱみゅぱみゅがTwitterにて一部のファンへ苦言を呈した。彼女はプロデューサーの中田ヤスタカとのツーマンライブツアー『〜SPECIAL DJ×ZEPP TOUR 2016〜“YSTK×KPP”』を開催。11月14日には東京・Zepp DiverCityにてツアーファイナル公演を2,500人動員して行った。そんななか、彼女は「最近ハッシュタグっちゅーのを付けて見てるとさ」と自身のハッシュタグが付いたSNSの投稿を閲覧していることを綴り、「イベントで凄く楽しそうだった人がクソイベントとか言いまくってて悲しい気持ちになる」と素直な心境を明かした。

左からきゃりーぱみゅぱみゅ、中田ヤスタカ
きゃりーぱみゅぱみゅ

<耳マンのそのほかの記事>

「ファンって行き過ぎると敵なの? なんなの?」

彼女は一部のファンが「新規のファンを嫌ってたり、喧嘩したり」している様子に「ファンって行き過ぎると敵なの? なんなの?」と不快感をあらわにしており、「私はもうこれ以上見ないことにします」と、ハッシュタグの付いたSNS投稿を閲覧することを止めると宣言。「みんな仲良くね」とファンに対しての願いを綴っている。ほかにもきゃりーは「私をディスっていれば特別なファンとか別にないからね」とも宣告している。どうやら穏やかではない様子のようだ……。

きゃりーぱみゅぱみゅ Twitter

フォロワーからは励ましの声を中心にさまざまなコメント

これについてフォロワーからは「楽しかったって言ってくれてるファンはたくさんいるので、あまり気にしない方がいいと思う」「見ないほうがいいかと」「有名になってファンがたくさん増えてくると大変ですし嫌な一面も見えてしまいますね…」「でもエゴサーチしていいこともあると思うのでいいのを見て元気だしてください!」などと、励ましの声を中心にさまざまな意見が寄せられている。SNSでの飾らない発言が人気でもあるきゃりーだが、今回のようにハッキリと意見を申し上げるということは、彼女なりに考えることがあったのかもしれない……。今後の展開にも注目していきたい。

[耳マン編集部]