AKBグループ“総監督”横山由依が候補生の頃に抱いていた思いとは……?

ニュース

[2016/12/2 14:00]

“総監督”横山由依のスペシャルインタビュー

AKBグループを率いる“総監督”横山由依がグループの候補生の頃に抱いていた思いとは……? 彼女のインタビュー動画が『JR高速バス ドリーム号』のスペシャルサイトにて公開されている。

横山由依

<耳マンのそのほかの記事>

AKBになるという夢を叶えるため、候補生時代に高速バス『ドリーム号』を利用していたという横山は、この度『ドリーム号アンバサダー』に就任。今回公開された動画はこれを記念したもの。「AKBになりたい、ステージに立ちたい」「地方から来てるからできないとか思われたくない」「何よりも自分に負けたくなくてがんばってたんやと思います」など、横山の芯の強さが表れた言葉が詰まったインタビューとなっている。

横山由依

「歌える女優になりたい」今後の夢についても吐露

今後のAKB48の活動、そして個人の夢についても語られており、グループの目標については「先輩たちを超えたい。漠然としていて、難しいんですけど、コンサートも、ドームツアーをまたやれたらいいなと思うし、たくさんの人にもっと愛されるグループにしたいなっていう夢があります」とコメント。個人についても「お芝居というか、女優業にも興味が出てきて、将来は歌える女優になりたいという夢が自分の中ではあります」と意気込みをみせている。彼女の赤裸々トークをぜひフルで楽しんでほしい。

また同サイトでは、横山による『ドリーム号』の体験レポート動画も公開。慣れ親しんだ『ドリーム号』の魅力を元気いっぱいに紹介する彼女の姿にも注目だ。

体験レポート動画
[耳マン編集部]