【美少女界の新星】TGA受賞者の13歳・草野星華がnicola専属モデルに!人気急上昇の予感……

ニュース

[2016/12/28 15:46]

13歳の新星・草野星華がニコラモデルに!

『東京ガールズオーディション 2016 Powered by Ameba(TGA)』のモデル部門受賞者である草野星華が、2016年12月28日発売の雑誌『nicola』2月号より専属モデルとして活動することが決定。同誌にて誌面デビューを飾った。草野は富山県出身の13歳で、現在中学1年生。身長は164センチ。今回彼女がニコラモデルになったのは、『東京ガールズコレクション』『エイベックス・グループ』『Ameba』が次世代のトップモデル/アーティストを発掘するというコンセプトで行っているオーディションプロジェクト『TGA』がきっかけだ。

草野星華

<耳マンのそのほかの記事>

「モデルになりたい」という熱い思い……『TGA』二度目の挑戦でモデルデビューへ!

草野は小学6年生の頃に『TGA2015』にエントリーしており、大会史上最年少のファイナリストとして『TOKYO GIRLS COLLECTION 2015 AUTUMN/WINTER All Rights Reserved.(TGC)』のステージに立ったが、惜しくも受賞を逃した。一度はモデルへの夢を諦めかけた彼女だったが、ランウェイを歩いたときの気持ちが忘れられず「モデルになりたい」という強い思いを捨てきれなかったため、再度TGAへの挑戦を決意。草野はその当時の心境を「TGA2015で受賞できなかったときは自分のなかで戸惑いが大きかったが、北陸ガールズグランプリや総曲論コレクションなど地元のオーディションを受けて少しずつ自分に自信をつけていくことで次こそは絶対受賞をしたいという気持ちがより一層強くなった」と語っている。一度受賞を逃した悔しさを胸に、ウォーキングやポージングの練習、外見ではなく内面も成長するよう努力を重ねてリベンジに挑んだ『TGA2016』では、一皮も二皮もむけた彼女の熱い思いが通じ、応募数20,401名のなかからモデル部門で3誌もの雑誌賞を受賞。その後、5次審査の『ドラフト審査』時に札が上がった『nicola』との顔見せからカメラテストへと進んでいき、今回満を持してニコラモデルとして新規加入する結果となった。

草野星華

『nicola』編集長も太鼓判「また会いたいなと思わせるオーラを持っている子」

『nicola』の眞部編集長は「小学6年生のときに初めてTGAで会いましたが、素っぽい明るさが印象的で、また会いたいなと思わせるオーラを持っている子だなと思いました。中1になった今年、ぐっと大人っぽくなっていて、ニコラモデルとして参加してもらうことになりました。表情もハッピーオーラ全開の笑顔になったり、芯の強そうな美人顔になったりと面白い。星華らしさをニコラで発揮してほしいです!」と草野を評価している。そして、念願の『nicola』専属モデルになった草野は「ニコラモデルとして沢山の紙面に出させてもらうことや、二コ読(ニコラ読者)にとどまらず沢山の方に応援してもらえることを目標に、モデルだけではなく女優やアーティストなどマルチに活躍していけるよう色んなことに挑戦を続けたいです!」と前向きな意気込みを語っている。これからの草野星華がモデル界にどんな化学反応を見せるか、ぜひ注目していきたい!

草野星華
[耳マン編集部]