きゃりー新曲『原宿いやほい』MV解禁!“恋ダンス”の次は “いやほいダンス”が流行る予感ッ

ニュース

[2017/1/11 11:24]

きゃりーぱみゅぱみゅの2016年は精力的だった……

2011年夏にCAPSULEの中田ヤスタカプロデュースで歌手デビューを飾ったきゃりーぱみゅぱみゅ。デビュー5周年となった2016年は“日本の元気をさらに世界に伝えること”をテーマに、大阪・ユニバーサル・スタジオ・ジャパン内の『ユニバーサル・クールジャパン2016』で開催されたアトラクション『きゃりーぱみゅぱみゅ XRライド』の制作を皮切りに、自身初のベストアルバム『KPP BEST』のリリース、3度目のワールドツアー『KPP 5iVE YEARS MONSTER WORLD TOUR 2016』の開催や海外アーティストとのコラボレーション、初のアートワーク展の実施など、さまざまなド派手なチャレンジをしていくことを“5つのたくらみ”として決意表明し、精力的に活動。彼女にとってまさにデビュー5周年にふさわしいメモリアルイヤーとなったことだろう!

1月18日発売のニューシングル『原宿いやほい』MVが解禁!

そんなきゃりーが1月18日に発売するニューシングル『Crazy Crazy (feat. Charli XCX & Kyary Pamyu Pamyu) / 原宿いやほい』の表題曲である新曲『原宿いやほい』のMVが本日1月11日に公開となった。2016年12月にはTwitterにて同曲のダンス練習動画を投稿し、そのダンスの難易度の高さから話題を呼んでいたきゃりー。MVでは彼女の楽曲『最&高』のMVでの演出・監督を担当した鬼才・田中秀幸がふたたびタッグを組み、フィッティングはデビュー当時からきゃりーを支える衣装デザイナーの飯嶋久美子、コレオグラファーのまいこ、ヘアメイクの奥平正芳が担当している。

『きゃりーぱみゅぱみゅ - 原宿いやほい , Kyary Pamyu Pamyu - HARAJUKU IYAHOI』

<耳マンのそのほかの記事>

きゃりーぱみゅぱみゅ『原宿いやほい』MVより

“恋ダンス”の次はコレだっ! MVでの“いやほいダンス”に注目ゥ……

『原宿いやほい』は中田ヤスタカの書き下ろし楽曲で、EDMサウンドを取り入れたアッパーチューン。これまでのきゃりーの楽曲のポップさも健在で「いやほい」といったキャッチーなフレーズも印象的でありながら、メロディラインに少し切なさが感じられる、ちょっぴり大人っぽく新しいきゃりーが感じられる楽曲に仕上がっている。MVでは、曲調がロシアの民族音楽に似ていることから、コサックダンスなどをテーマに振り付けを制作。『マイムマイム』のように参加型のダンスになるようにきゃりー本人もこだわったそう。サビの動きは素早く難易度が高めだが、マスターしたら最高に気持ちの良い“いやほいダンス”となっている。これは“恋ダンス”の次に流行る予感……!? ぜひMVを観て“いやほいダンス”を練習するしかっ!

きゃりーぱみゅぱみゅ『原宿いやほい』MVより

きゃりーは同作を携えた国内ホールツアー『きゃりーぱみゅぱみゅ KPP JAPAN IYAHOI TOUR 2017』を1月21日より開催。1月28日には東京・新木場ageHaで開催される『ASOBINITE!!! -KYARY PAMYU PAMYU BIRTHDAY SPECIAL-YSTK×KPP CLUB EDITION』にも出演する。常に進化を遂げながらいつも新しい試みで楽しませてくれる彼女に、今年も目が離せなくなりそうだ!

[耳マン編集部]