草なぎ剛の主演ドラマまさかの主題歌なし……SMAP曲が使用されずファンもさまざまな思い

ネットで話題

[2017/1/11 15:56]

草なぎ剛主演ドラマの主題歌に注目集まる

1月10日より放送を開始した、SMAPの元メンバー・草なぎ剛が主演を務めるドラマ『嘘の戦争』の“主題歌”が話題となっている。同作は2015年1月に放送されていたドラマ『銭の戦争』同様、草なぎ主演の“復讐シリーズ”の第2弾と位置づけられている。

<耳マンのそのほかの記事>

これまで草なぎが主演を務めていた作品では、ドラマ『フードファイト』での『らいおんハート』、ドラマ『僕の生きる道』での『世界に一つだけの花』など、SMAPが主題歌を担当することが多く、『銭の戦争』でもSMAPの『華麗なる逆襲』が主題歌となっていた。それだけにSMAP解散後の同ドラマの主題歌は一体誰が担当するのか、注目を集めていた。

まさかの「主題歌なし」にファンも納得?

放送前からSMAPファンを中心に「主題歌気になる」「銭の戦争は華麗なる逆襲だったな~」と話題となっていたが、第1話は“主題歌なし”という展開に。まさかの“主題歌なし”となったが、ファンからは放送後「主題歌なしってのも潔くてスマファン的には有り難い」「主題歌なくてよかった そんな気がしてた」「脳内で華麗なる逆襲が主題歌として再生されました」など肯定的な意見が多く寄せられた。ファンの多くが、主題歌がないことこそがSMAPに対するリスペクトであると受け取ったようだ。また、ドラマの内容の重厚さからも“主題歌がなくて良い”との考えを示すファンも見受けられる。草なぎの迫真の演技やストーリーも注目を集めている同ドラマ、今後の放送にも注目していこう!

[耳マン編集部]