函館市が運営する観光サイトに“GLAY”カテゴリがあると話題……「土方歳三と並んでるw」

ネットで話題

[2017/1/17 16:11]

函館市が運営する観光サイトにあのバンドが……

北海道函館市が運営する函館市公式観光情報サイト『はこぶら』スマートフォン版にて、テーマ別に観光情報を紹介する欄に“GLAY”というカテゴリが存在するとしてネットで話題を呼んでいる。GLAYはメンバーのTERU(ボーカル)、TAKURO(ギター、キーボード)、JIRO(ベース)が函館出身、HISASHI(ギター)も函館育ちであり、彼らにとって函館はゆかりの地として知られているが、観光情報サイトのカテゴリとして設定されてしまうとは……函館にとってGLAYが大きな存在であることがうかがえる!

「桜」「紅葉」「温泉」そして「GLAY」!

『はこぶら』を確認してみると、「おすすめがわかる! テーマ別ガイド」といったコーナーにて「夜景」「美味」「街歩き」のほか、「桜」「紅葉」「温泉」……そして「GLAY」の名が! さらに「あなたのテーマでディープな函館」といったコーナーでも音符のマークの下に「GLAY」の文字が確認できる。また、隣には「土方歳三」「競馬」と続いており、何ともシュール。ちなみに「GLAY」の欄をクリックすると、彼らにまつわる観光スポットの情報やライブレポートを読むことができる!

<耳マンのそのほかの記事>

函館市公式観光情報サイト『はこぶら』 スマートフォン版

「観光名所のひとつがGLAYってすげえ笑」「土方歳三と並んでるw」の声

これについてネットでは「観光名所のひとつがGLAYってすげえ笑」「わかる…函館にとってはGLAYは大事な観光だからね」「土方歳三とGLAY並んでるぜおいww」「聖地巡礼が盛況な今ならより観光として需要あるよね」「GLAYと土方歳三の並びにフフってなる」との意見が寄せられている。GLAYファンはもちろんのこと、音楽好きなみなさんも函館を観光する際には同ページを参照しながら、函館の有名な景色やグルメ、レジャーを楽しむとともにGLAYゆかりの地を“聖地巡礼”するのも楽しいかもしれない!

[耳マン編集部]