『ねほりんぱほりん』で2週にわたり地下アイドルを特集!すでに「これはヤバイ」の声が

ネットで話題

[2017/2/1 16:58]

NHKとは思えないゲスさ

「NHKなのに攻めすぎててヤバイ!」と話題のEテレ『ねほりんぱほりん』がついに“地下アイドル”に手を出した! 本日2月1日放送回のタイトルは「地下アイドル・前編」。番組公式ブログには「地下アイドルの収入源、ファンとの近すぎる距離、禁断の恋愛事情まで。あまりにディープすぎるアイドルの世界を2週にわたってお届けします」との文字が踊り、放送前から界隈がざわついている。

『ねほりんぱほりん』オフィシャルブログ

<耳マンのそのほかの記事>

同番組は、2016年10月からレギュラー放送が始まったトークバラエティー。登場するのは“人形”で、MCのモグラ“ねほりん”と“ぱほりん”にお笑い芸人の山里亮太とタレントのYOUが扮し、顔出しNGの訳ありゲスト扮するブタの人形と赤裸々トークを展開する。

一見、いかにもNHKらしい人形劇のように見える同番組だが、すごいのはその中身。「薬物中毒」がテーマの回では元薬物中毒者が「13歳のときマリファナで薬物デビュー」「売人と結婚して家では覚せい剤がやりたい放題だった」などと笑いながら話したり、「偽装キラキラ女子」がテーマの回ではSNSで都会のオシャレOLを演じる“キラキラアカウントの中の人”の心の闇に迫ったり……。とにかく、「やるな、NHK」というよりは「どうしたんだNHK」と言いたくなる過激な内容がネットでしばしば話題になっている。

知られざる地下の世界が白日の下に

そんな『ねほりんぱほりん』が、今週と来週の2週に渡り取り上げるのが「地下アイドル」。今回、番組では70人以上の地下アイドルたちに取材を敢行し、その実態に迫ったとのこと。チケットバックや物販売り上げなど、自分の収入に直結する“ファンの人数”のため、必死にDDを振り向かせようとする地下アイドルたち。「アイコンタクトから始まって、ハグチェキ、土下座チェキ、手ブラチェキ… 愛と欲望が渦巻く地下アイドルの世界が明かされる…」という番組予告の文言の時点ですでに、なんかもう、胸が苦しくなってくる。

ネット上では「ねほりんぱほりんクオリティでアイドル特集はヤバイ」「地下アイドル回がめちゃくちゃ楽しみ!見たら見たで凹みそうだけど…」「絶対見なきゃ!」など、放送前から大きな話題に。MCの山里亮太がアイドルファンなだけに、より深掘りできるのではないかという意見も見られる。

そのハグは、愛のためなのか、収入のためなのか……。これを見てしまったら、今までと同じ目でアイドルを見られなくなるかも!?

[耳マン編集部]