KANA-BOON飯田、バレンタインデーに「全然つらくない」と自虐ネタをツイートしていた……!?

ネットで話題

[2017/2/21 19:23]

KANA-BOONの飯田が清水富美加との不倫報道を謝罪

2月21日、4人組バンドKANA-BOONのベーシスト・飯田祐馬がオフィシャルサイトにて、自身が既婚者でありながら宗教法人『幸福の科学』に出家した女優の清水富美加と交際をしていたという事実を明かし、謝罪の言葉を発表した。飯田は2014年4月に一般人女性と入籍。既婚であることを隠しながら2015年6月に清水と交際を始め、同年9月に彼女に既婚の事実を打ち明けたものの、2016年1月まで交際関係が続いていたことを報告。飯田は「清水さんや妻を傷付けてしまったのは事実であり、その事実に誠意を持って向き合い、深く反省しております」と素直な心境を明かし、清水や関係者、そしてファンへのお詫びの言葉を寄せた。また、妻との関係について「清水さんと交際していたことについて、妻と妻の両親に謝罪をし、夫婦間では解決しております」とも綴っている。

KANA-BOON オフィシャルホームページ

<耳マンのそのほかの記事>

バレンタインデーに「全然つらくない」と自虐的なツイート……

そんななか、飯田が2月14日のバレンタインデーに投稿していたツイートがネットで話題を呼んでいる。彼は「バレンタインデーハッ…!ハァ…フゥ-…フゥフゥ…フゥ…ングッ…ハァ…ハァ……全っ然つらくないです!システマやってるんで!」と、ユーモアを含んだ自虐的ともみられるツイートを投稿。これについてファンからは「この時期になるとKANA-BOONが辛そうになりますね」「めしださんにチョコあげたい」「めしださん!無理しないでここは私にまかせてください…!バレンタインは私が倒します!」「虫歯にならなくて逆によかったですね」「笑いを通り越して泣けてきた」などとツッコミや励ましのコメントが寄せられていた。飯田はこれまで結婚していたことを特に公にしていないうえにこういったネタ的なツイートもしていたため、なおさら不倫とは程遠いイメージがあり、ネットでは今回の報道に関して驚きの声が多数寄せられている。

飯田祐馬 Twitter

飯田が所属するKANA-BOONは3月1日にニューシングル『Fighter』をリリース予定。彼らの今後の動向にも注目していきたい。

耳マン編集部