「最高にエモ」「最後なのに新しい」AKB48小嶋陽菜がブログで卒業公演を自画自賛

ニュース

[2017/3/1 12:10]

「今の私にしか出来ない、AKB48のコンサート」

アイドルグループAKB48のメンバー小嶋陽菜が2月28日、自身の卒業コンサート『こじまつり~小嶋陽菜感謝祭~』(2月21日&22日)開催後、初めてブログを更新。「最高にエモくて最後なのに新しい。今の私にしか出来ない、AKB48のコンサートができたとおもいます」と卒業コンサートへの想いを明かした。

小嶋陽菜 オフィシャルブログより

<耳マンのそのほかの記事>

4月19日に卒業決定……2月21&22日に卒コン開催

29歳になる4月19日の誕生日にAKB48を卒業することが決定した小嶋は、2月21日に『こじまつり~前夜祭~』、22日に『こじまつり~小嶋陽菜感謝祭~』と代々木第一体育館にて卒業コンサートを開催。前田敦子、大島優子、篠田麻里子、板野友美、高橋みなみなどかつての人気メンバーの集結や、「今から海外に行きま〜す」と白いリムジンに乗って去って行く演出など、見どころの多いコンサートとなった。

小嶋陽菜オフィシャルブログより

「自分の気持ちがこの先にあるからこそできた」

コンサート終了後、宣言どおりにそのままミラノに直行したという小嶋が、約1週間ぶりにブログを更新し、『こじまつり』と題して卒業コンサートを振り返った。今回は自身のセンスやプロデュース力を活かし、会場のセットや出演メンバー、衣装、セットリスト組みも自ら手がけたというが、特にセットリストに関しては「コンサートの曲順を自分で聴いても、この流れ最高だなって自画自賛する箇所いっぱいある!笑 」と自画自賛。「最高にエモくて最後なのに新しい。今の私にしか出来ない、AKB48のコンサートができたとおもいます」とイベントを振り返った。

小嶋陽菜オフィシャルブログより

「本当に自分の気持ちがこの先にあるからこそできた、一度限りのコンサートだったと思います」と今後の活躍も誓った小嶋。最後には「ほんとはコンサート終わりのミラノへ行く飛行機でブログの文章を考えたかったんだけど、寝ちゃって笑 帰りの飛行機も寝ちゃって笑」と彼女らしいお茶目な一面も見せながら、「ミラノの1週間で忘れちゃったこともいっぱいあるので、それはまたこんど」とファンへメッセージをおくった。

[耳マン編集部]