第11回高校生RAP選手権、優勝はあのラッパー!「高校生たちのヒップホップの裾野が広がっている」

ニュース

[2017/3/31 13:54]

『高校生RAP選手権』が今年も!

3月30日にチームスマイル・仙台PITにて『BAZOOKA!!! 第11回高校生RAP選手権 in 仙台』が開催された。今回11回目の開催にして初めて東京・大阪以外で開催された同大会。予選では過去最多の1,000人を超える応募者から16名の若きラッパーを選出。16名の出場者のうち14名が初出場となり、高校生RAP選手権を観たことをきっかけにフリースタイルラップを始めた参加者も参戦するなど、ラップ選手権新世代の幕開けも期待される大会となった。

© BSスカパー!BAZOOKA!!! 第11回高校生RAP選手権in 仙台

<耳マンのそのほかの記事>

熱い想いを胸に優勝に輝いたのは……

会場には1,200人が来場し、初戦のCore-Boy対4 stumpから1度の対戦では勝敗がつかず再対戦となるほどの熱戦が繰り広げられた。そんななか決勝に勝ち進んだのはCore-Boyと9forという初出場者同士。会場のボルテージが最高潮に達したなかで行われた決勝は王座をかけた戦いにふさわしく、1回ではジャッジが決まらず再戦の末、見事優勝を勝ち取ったのは9for! 次回以降は年齢制限により参加資格がなくなり今大会で卒業となる彼が、熱い想いをそのままに王座まで上り詰めた。

9for © BSスカパー!BAZOOKA!!! 第11回高校生RAP選手権in 仙台
© BSスカパー!BAZOOKA!!! 第11回高校生RAP選手権in 仙台

「高校生たちのヒップホップの裾野が広がっている」

優勝に輝いた9forは「この番組の影響を受けてラップを始めて、2年間努力して卒業証書というか結果がでて嬉しいです。この番組に影響を受けた人が頑張ってこの番組に出て、また新しい人が“あいつみたいになりてぇ”って思うのが生まれて、これから人に希望を与える人がいっぱい出てくると思うので、そういう新しい時代の始まりなのかなと思います」とコメント。MCの小藪千豊は「今までのチャンピオンはすごい人たちばっかりでしたけど、全体のレベルがあがっているなと思いました。前だったら、決勝や準決勝など上位の戦いで競っていたレベルの戦いが一回戦からあって、レベルが上がってきている中での、チャンピオン“9for 君”はすごいなと思います。初出場の人が14名で、いつもは過去に出場しているお馴染みの子が、ラップ選手権の中でスターのような存在の子がいてるんですけど、今回に限ってはお馴染みさんがいなくてどうなるかなって思ったんですけど、新しい人たちだけでこんなに盛り上がれるなんて高校生たちのヒップホップの裾野が広がっているんだなって感じました。12 回、13回ともっと盛り上がりそうだなと思います。」と感想を語っている。また、同大会の第12回が8月17日に千葉・幕張メッセで開催されることも発表された。

左から小藪千豊、9for、やべきょうすけ © BSスカパー!BAZOOKA!!! 第11回高校生RAP選手権in 仙台

『BAZOOKA!!! 第11回高校生RAP選手権 in 仙台』の模様は4月10日21時からBSスカパー!にて放送される。高校生たちが繰り広げる熱いバトルをぜひお見逃しなくっ!

[耳マン編集部]