HKT48の劇場支配人も務める指原莉乃、“FUKUOKA”背負う姿に「かっこよか」の声

ネットで話題

[2017/4/11 13:22]

指原莉乃が“FUKUOKA”を背負う!

4月11日、HKT48のメンバー指原莉乃がInstagramにて「FUKUOKA」との文字が大きく刺繍されたスカジャンを着用するショットを公開した。これは4月12日に発売される女性誌『ar』内の彼女の連載『さっしーの部屋』のため撮影されたものだそう。これについて指原は「今回のテーマは福岡」とコメントしている。

ar連載。今回のテーマは福岡。 #明日発売

Rino Sashiharaさん(@345insta)がシェアした投稿 -

指原莉乃 Instagram

<耳マンのそのほかの記事>

HKT48の劇場支配人も務める彼女

大分県出身の彼女は2008年よりAKB48のメンバーとして活動し、2012年6月に報じられた過去の恋愛スキャンダルによって、同月よりHKT48に移籍。2013年以降の『AKB48 選抜総選挙』では3度にわたって1位を獲得するなど高い人気を博すほか、2013年4月よりHKT48の劇場支配人を兼任しており、グループ内の重要人物と言える活躍ぶりをみせている。

「かっこよかねー」「イカしてる!」の声

そんな指原が“福岡”を背負う写真がファンの間では反響を呼んでおり、「かっこよかねー」「しゃれとんしゃー」「地元愛だね」「福岡最高!」「その刺繍イカしてる!」「福岡がテーマなんだね 楽しみです」「福岡を背負ってますね」と好評のコメントが寄せられている。

HKT48のファンにとっても“胸熱”であろう同エントリーだが、同誌の連載の内容も気になるところだ! さまざまなフィールドに活躍の幅を広げる指原に今後も注目したい!

[耳マン編集部]