GLAY、JIROがドクターストップも残るメンバーでツアー続行「ファンの皆様へ出来る限りの事を」

ネットで話題

[2017/4/24 17:38]

GLAYのJIROが体調不良でドクターストップ、TERUが謝罪写真を投稿

現在ツアー『GLAY HIGHCOMMUNICATIONS TOUR 2017 -Never Ending Supernova-』を開催中の4人組ロックバンドGLAYが、ベーシストJIROの体調不良を発表。4月25日の金沢公演はJIRO は不参加となり、残るメンバーTERU(ボーカル)、TAKURO(ギター)、HISASHI(ギター)で予定どおりライブを行うことを報告した。

<耳マンのそのほかの記事>

いつもGLAYを応援していただきありがとうございます。 明日4月25日(火)石川・金沢歌劇座公演にご来場いただくお客様へご案内させていただきます。 メンバーのJIROが体調不良によりドクターストップがかかり、上記の公演について欠席となります。 4月25日の公演については、TERU、TAKURO、HISASHIが登壇し、予定していた演出内容を変更して実施させていただきますが、改めて完全体のGLAYとして5月24日(水)に振替公演も実施いたします。 <4月25日(火)のチケットをお持ちのお客様は、4月25日(火)公演も5月24日(水)の振替公演もご来場いただけます。> また、振替公演の日程によりご参加いただけないお客様に対しての払戻も実施いたします。払戻方法などの詳細が決定次第、お知らせいたしますのでしばらくお待ちいただくようお願いいたします。 なお、長野公演については、変更なく実施させていただく予定でございます。 今公演を楽しみにしていただいていたお客様へは大変申し訳ございませんが、何卒ご理解いただき、これからも変わらぬご声援の程、宜しくお願いいたします。 振替公演:5月24日(水)石川・金沢歌劇座 開場18:00 / 開演18:30 尚、お手持ちの4月25日(火)金沢歌劇座のチケットは振替公演にそのまま有効です。振替公演にご参加されない方は別途のご案内にてチケット払い戻しさせて頂きます。チケットは大切に保管下さいますようお願い申し上げます。 公演に関するお問い合わせ ■キョードー北陸チケットセンター (新潟) 025-245-5100 営業時間 平日11時〜18時、土曜10時〜17時 TAKUROコメント ファンの皆様からは日頃より多大なるご支援を頂き誠にありがとうございます。GLAYのギターのTAKUROです。皆様にご報告があります。GLAYのベーシストであるJIROが突然の体調不良により、明日4月25日の金沢歌劇座での公演への出演する事が出来なくなりました。楽しみにしてくれていた方々には大変申し訳なく思っております。現在JIROは快方に向かっておりますが、お医者様のアドバイスもあり大事を取り療養しております。健康が回復し次第ステージに戻って来ます。明日の金沢公演に関しましてはボーカルのTERUやギターのHISASHIやコンサート制作スタッフと何度も協議を重ねた結果、中止という選択は取らず楽しみにしていてくれたファンの皆様へ出来る限りの事をしたいと思いステージに立つ所存であります。 ご迷惑をおかけしますがこれからもよろしくお願い致します。

TERUさん(@glay__teru)がシェアした投稿 -

TERU Instagram

体調不良の原因は明かされていないものの、ドクターストップがかかりやむなく不参加となってしまったとのこと。TERUは4月24日にInstagramを更新して同件を報告し、ライブ会場である金沢歌劇座の前で頭を下げている写真を公開した。投稿にはリーダーであるTAKUROからのコメントも掲載されており、「現在JIROは快方に向かっておりますが、お医者様のアドバイスもあり大事を取り療養しております。健康が回復し次第ステージに戻って来ます」と、その容態を報告。「明日の金沢公演に関しましてはボーカルのTERUやギターのHISASHIやコンサート制作スタッフと何度も協議を重ねた結果、中止という選択は取らず楽しみにしていてくれたファンの皆様へ出来る限りの事をしたいと思いステージに立つ所存であります」と、ライブを決行することを報告している。

「完全体のGLAY」として振替公演も

今回のライブは先述のとおりJIRO以外のメンバーで開催するが、改めて「完全体のGLAY」として5月24日に同地で振替公演を実施するという。4月25日のチケット購入者は同日の公演も振替公演も参加できるといい、こちらもファン思いの彼ららしい対応だと言える。現在のところ4月27日の長野公演は変更なく実施する予定だといい、JIROの容態も重症ではないことがうかがえるが、しっかりと療養して元気な姿でステージに戻ってきてくれることを願いたい。

[耳マン編集部]