Dream Amiの人生を変えたのは“あの男性”との出会い!? 映画初出演やソロ活動まで赤裸々な想いを明かす……

ニュース

[2017/4/25 14:31]

AbemaTVの番組にDream Amiがゲスト出演

4月19日に放送されたインターネットテレビ局『AbemaTV』のニュース番組『AbemaPrime』に、E-girlsおよびDreamのメンバーAmiがゲストで出演した。同回ではタレントのパックン、アナウンサーの小松靖がMCを担当。番組では、EXILE TRIBEの楽曲を気鋭の映画監督たちがショートフィルム化するプロジェクト『シネマファイターズ』にて制作された話題の映画『色のない洋服店』にて映画初出演を果たしているAmiが、同作についてたっぷりと語った。

Ami

<耳マンのそのほかの記事>

映画初出演やソロ活動当初の想いを語る……「“自分にできるかな”という不安」

小松アナがAmiへ映画初出演の感想を尋ねると、Amiは「すごく緊張しました。カメラの前で表情を作ったり、違う人になりきるというか、自分が経験したことのない感情を表現しなければいけないこともあったので、“自分にできるかな”という不安を抱えながらの撮影でした。でも、すごくいい経験をさせていただいたなと思っています。HIROさんは“Amiちゃんらしくがんばって”と言ってくださったので、考え過ぎず自分の思うままにやればいいのかなと、肩の荷が下りました」とコメント。『色のない洋服店』はAmiのソロデビューシングル『ドレスを脱いだシンデレラ』の歌詞の世界観を表現した作品とのことで、Amiは「当時はソロでやりたいと思ったことがなかったので、自信がなさすぎて弱気なところから始まったソロ活動ではあったのですが、この曲を歌って自分の中で新たな一面を発見できたし、このチャンスを成長に繋げたいなと思えた作品でした」と当時を振り返りつつ、同曲についての想いを語った。

人生が変わったのは“あの男性”との出会い!?

『色のない洋服店』ではAmi演じる主人公の由衣が謎の放浪画家との出会いをきっかけに“ありのままの自分”を表現し始める、といったストーリーだが、Amiにとっての“人生を変える出会い”について話がおよぶと、彼女は「自分にとってのターニングポイントはいくつかあったんですが、HIROさんと出会ったことによって自分の人生の角度というのはかなり変わったなと感じています」と赤裸々に告白。また、番組では終始笑顔をみせていた彼女だが、劇中では真顔のシーンも多く、表情や仕草だけで自分らしさを表現するなど、難しい演技もあったそうだ。そんなAmiは番組の最後に「曲を聴いているだけでは(想像できない)驚くような角度から作られたストーリーになっているので、ぜひ楽しんでいただきたい」と視聴者に向けてメッセージを寄せた。

Amiの新しい表情も観ることができる『色のない洋服店』の上映スケジュールは『シネマファイターズ』のオフィシャルサイトをぜひチェックしてほしい!

『色のない洋服店』/ PR映像
[耳マン編集部]