元乃木坂46の橋本奈々未が報道について言及……ファンの反応は?

ネットで話題

[2017/4/28 13:52]

芸能界を引退した橋本奈々未の『週刊文春』報道が話題に……

4月26日に発売された週刊誌『週刊文春』にて2月に乃木坂46を卒業し芸能界を引退した橋本奈々未と、同グループが所属するレコード会社・ソニーミュージックエンタテインメントの元代表取締役である村松俊亮氏が「密会」を重ねていたといった内容がツーショット写真とともに報じられた。ネットではふたりが不倫関係にあるのではないかなどといった憶測も呼んでおり、大きな話題となっている。

橋本奈々未

<耳マンのそのほかの記事>

橋本がメッセージを発表「隠さなければならない事実は何もありません」

これについて27日、乃木坂46のオフィシャルサイトにて橋本から報道に関してのメッセージが発表された。なお、乃木坂46としての彼女の専属契約は3月31日付で終了しているが、同誌に掲載された写真の撮影日が契約期間中であったため、同サイトにメッセージを掲出するにいたったという。橋本は「週刊文春の記事で様々な憶測を呼んでいるようですが、ソニーミュージックの村松さんと私の間に隠さなければならない事実は何もありません」と釈明。また、“村松氏が橋本の自宅に出入りしていた”との報道についても「私がストーカー被害にあっていた為エレベーターホールまで送り届けて頂いたのみ」「在籍中から他のマネージャーの方達にもして頂いていたことです」と綴り、特別なことではないことを説明している。

乃木坂46 オフィシャルホームページ

「怖い」「悔しい」赤裸々な想いが感じられる文面……

さらに彼女は、「父親のいない私に本当の父親のように親身になって相談に乗って頂いていた村松さん」や「日ごろからお世話になっていた奥様」を悲しませてしまうことが「私もとても悲しい」と想いを明かし、「夜道での母への取材や、関係のないご近所への取材などもやめて頂きたかったです」と報道陣に対しての憤りも綴っている。また、「想像や憶測があたかも事実であるかのように巡っていくことが怖い」「それによって私のファンでいてくださった方達が動揺させられるのが悔しい」と赤裸々な心境をあらわにしている。さらに彼女は「重ねて申し上げますが、村松さんと間に後ろめたいことは何もありません」と念を押して文章を締めくくっている。

ネットではファンから多数のコメント寄せられる

これについて彼女のファンの間では、SNSなどで「こんな形で新たな発表を見るとは思わなかった」「最後のメッセージがこれっていうのはなんか嫌な感じするな…」「アイドルってホント大変ね」「憶測で話すのは良くない…」「ななみんストーカー被害にあってるんですね…可哀想。とても悲しい」と悲しむ声が寄せられるほか、「きちんと否定してくれてありがとう」「ファンを思ってコメントを残してくれたななみんの人間性というか優しさを改めて知り、ますます好きになりました」「これから幸せになって欲しい」「これからもずっと応援してます」とのコメントが寄せられている。今回は引退したメンバーがメッセージを発表するという異例の事態となり、驚いたファンも多かったようだ……。

[耳マン編集部]