カリスマたちのオーラがハンパねぇ……降谷建志×窪塚洋介W主演映画の予告編に震える

ニュース

[2017/5/13 12:00]

カリスマ的な人気を誇るふたりがついに共演

ロックバンドDragon AshのKjこと降谷建志と、卍LINEの名でアーティスト活動も行う俳優・窪塚洋介がダブル主演を務める映画『アリーキャット』の予告編がYouTubeにて公開された。同作は降谷にとっては映画初主演となる作品、窪塚も久々の主演作であり、何よりも1990年代後半から2000年代にカリスマ的な人気を誇ったふたりが共演するということで大きな話題を呼んでいる。

<耳マンのそのほかの記事>

同作で降谷は風変わりな自動車整備工、窪塚は元ボクサーを演じる。ふたりは一匹の“猫”をきっかけに出会い、ひょんなことから協力して謎のシングルマザー(市川由衣)を守るために奮闘することに。予告編ではそんなふたりによる迫真の演技が楽しめるが、ふたりともカリスマ感ハンパないっす……。

対象的なふたりの役どころ……どっちもステキだ

窪塚は陰のあるワルっぽい役どころだが、ハリウッド進出も果たした世界的俳優の風格がものすごい。どのシーンもピリピリした緊張感が漂っており、激高するシーンのブチ切れ感には恐怖すら感じる。そんな窪塚とは対象的に、降谷は抜け感たっぷりのほのぼのとした演技をみせており、ステージ上のロックな姿とは180度違う雰囲気が新鮮だ。

プライベートでも親交があるというふたりだけあってコンビネーションの良さもうかがえ、短い動画のなかでも作品の魅力が存分に伝わってくる。『アリーキャット』は7月15日より東京・テアトル新宿ほか全国ロードショー。これはやはり音楽ファンは必見の作品と言えそうだ。

[耳マン編集部]