病みかわいい!? 人気アーティストから熱い支持を集めるブランドankoROCKとは

ネットで話題

[2017/5/14 17:00]

ライブでアーティストを輝かせるのは、楽曲だけじゃない。彼らがまとう衣装も、世界観や空気を演出する重要な要素。衣装にこだわりをもったアーティストは多いのだ。そんなアーティストの多くが支持する『ankoROCK』というファッションブランドをご存知だろうか。ダークな世界観と性別を問わない斬新なスタイルが魅力のファッションブランドだ。

<耳マンのそのほかの記事>

多数の有名アーティストがライブ衣装として採用している!

ankoROCKが過去にコラボしたアーティストは、ダンス&ボーカルグループの超特急や、男装ユニットの風男塾。まふまふやluz、ピコといった人気歌い手が多数出演するライブツアー『XYZ』など。そんなアーティストの衣装デザインやコーディネートを手掛けるだけでなく、実際にアーティストがライブ衣装として着用していたものと同じデザインの衣装を販売するというのは同ブランドならでは。ファンにとってはたまらないだろう。

超特急とのコラボアイテム
風男塾とのコラボアイテム

人気の秘密は“病みかわいい”?

ankoROCKといえば、まず目につくのはそのデザイン。他のファッションブランドと比べて一癖も二癖もある洋服ばかりで、自分が着るには抵抗を感じる人も少なくないかもしれないが、その特異なデザインが若者にはたまらないらしい。

基本的にフリーサイズで性別を気にせず選ぶことができ、どの服もワンピースのように丈が長いものが多い。まるで魔法使いのようなファッションだが、その独自性こそがアーティストをはじめ、ankoROCKユーザーの求める世界観なのだ。

ポンチョTシャツ

プリントされたイラストも、童話をモチーフにした可愛らしいものから、ちょっと刺激の強いいわゆる“病んでいる”デザインのものまである。今の若者の間では“病みかわいい”という言葉があるほど、どこか闇を抱えたようなデザインがウケるのだという。

病みかわいいバラバラネコ耳プルオーバーパーカー -スーパービッグ-

そんなankoROCKらしさを象徴するアイテムといえば、「セーラーカットソー」だろう。一見するとセーラー服のようなデザインだが、フリーサイズで男性でも着やすい。むしろ女性より男性アーティストに好まれる傾向がある。セーラーモチーフという女性的デザインが、女装ではない“中性的”なシルエットを演出することができるのだ。

セーラーカットソー -メガビッグ-

実際、歌い手をはじめとする男性アーティストの中には、マスキュリンなかっこよさよりも中性的なかわいさを売りにして女性ファンを獲得するケースが最近は増えてきている。そんなときに一役買っているのがankoROCKといえるだろう。

今後もさらにアーティストとのコラボが予想されるankoROCK。“病みかわいい”というキーワードを覚えておくといいかも。

[HEW]