岡崎体育の新曲MVが波紋呼ぶ……本人は「批判や風刺はない」と明かし謝罪も

ネットで話題

[2017/5/15 13:11]

岡崎体育の新曲『感情のピクセル』MVが波紋呼ぶ……

シンガーソングライターの岡崎体育が5月11日にYouTubeにて新曲『感情のピクセル』を公開した。彼は“ミュージックビデオあるある”を歌った楽曲『MUSIC VIDEO』で人気を博し、音楽番組『ミュージックステーション』に出演した際には“歌詞忘れ”パフォーマンスを披露するなど、ちょっとした“毒”のある数々のおもしろネタでファンを楽しませてきた。そういったことから、『感情のピクセル』および同MVの衝撃的な展開(!?)も、ネットでは“バンドあるある”といった風刺的要素が含まれているのでは、といった意見が寄せられるほか、「イントロがSWANKEY DANKのsink like a stoneにしか聞こえん」「SWANKY DANKの曲に展開似てるな」「Sink Like a Stoneのオマージュ?」「swanky dankっぽい」と、4人組バンドSWANKY DANKの楽曲『Sink Like a Stone feat.Hiro from MY FIRST STORY』に似ているといったコメントも寄せられた。

岡崎体育『感情のピクセル』MVより

<耳マンのそのほかの記事>

本人が「批判や風刺はない」ことを表明

そんななか、岡崎はTwitterにて「なんかラウドロックシーンをディスってるやんけみたいな書き込みとかつぶやきめっちゃあるけど、ディスってたら半年かけて曲書いたりMV撮影したりしようとは僕は思わないです」と自身の想いを表明。さらに、「もし今回の作品が本当にディスを伴った炎上狙いの一手」であった場合、岡崎自身が「“批判や風刺はない”と書き残すことが無意味なことくらい誰だってわかるはず」と綴り、「誇りを持って音楽活動をしている人たちを貶したり嘲るようなスタイルだと誤解されていることが悔しくて悲しい」と、心境を吐露した。

岡崎体育 Twitter

他アーティストへお詫びの言葉も寄せる……

彼はほかにも、岡崎への批判コメントがほかのアーティストまで及んでいることを懸念し「迷惑をかけてしまったアーティストの方、本当にごめんなさい」と謝罪。また、今回の件について「本人にディスられてるとか気にしないけど、俺逹の曲聴いて動物がなんちゃらとか言うの見るのはちょっと悲しい!」と反応を示したSWANKY DANKのYUICHI(ギター、ボーカル)に対して岡崎は「ご迷惑をおかけしてしまい本当に申し訳ございませんでした」「このような形でメンバーの皆様に不快な思いをさせてしまったことを深く反省しております」とお詫びの言葉を寄せている。

岡崎体育 Twitter

多方面で話題を呼んでいる『感情のピクセル』だが、岡崎は今後も2曲の新曲MVを公開予定だそう。さら彼はこれらの楽曲を収録したメジャーセカンドアルバム『XXL』を6月14日にリリースする。今後のゆくえにも注目したい!

耳マン編集部