YOSHIKIが手術の成功を報告! 医師に直談判し、数時間後には仕事を再開……!?

ニュース

[2017/5/17 15:42]

YOSHIKIの手術が無事に成功!

X JAPANのメンバーYOSHIKI(ドラム、ピアノ)が5月16日(米国時間)にアメリカ・ロサンゼルスの病院にて頚椎人工椎間板置換の緊急手術を行い、無事に成功したことが発表された。

YOSHIKI

<耳マンのそのほかの記事>

彼は長年のドラムプレイによる身体の酷使や世界中を飛び回るハードスケジュールの積み重ねなどにより首のヘルニアが悪化し、ミュージシャン生命に関わるほど重症化してしまったため、今回の手術にいたった。同手術は繊細な作業を要すため手術は数時間にわたったが、術後のYOSHIKIの容体は安定しているとのこと。医師の話によると、術後は声を発することが困難な状態がしばらく続くと思われるが、時間の経過とともに本来の彼の声を少しずつ取り戻すであろうと言われている。なお、傷口は6週間で部分的な治癒、6ヶ月後には90%の回復が期待されるとのことだ。

医師に直談判し術後数時間で退院、スタジオで作業……!?

また、通常であれば最低でも術後数日は入院することが望ましい状況であるものの、YOSHIKIは全身麻酔から覚醒後、鎮痛剤を服用し意識が朦朧とした状態であるにも関わらず、“昨夜から手術の直前まで書いていた曲をどうしてもレコーディングしたい”と言い、術後数時間で医師に直談判をし、退院したその足でスタジオに向かったそう。彼はスタジオで30分ほど作業をしたが術後すぐの体調では想像以上の負担があったため、同行していたスタッフやナースの説得に応じて自宅に戻り、現在は医師の管理の下に静養中だという。このエピソードにはYOSHIKIの音楽に対する熱い情熱が感じられるが、ぜひとも無理はしないでいただきたい……。

インスタでも手術の成功を報告「みんなのメッセージ励みになりました」

17日(日本時間)、YOSHIKIはInstagramを更新し、ベッドに横たわる自身の写真とともに「先ほど首の手術がおわりました」「成功しました」と報告。さらに、「みんなのメッセージ励みになりました」「ありがとうございます」「愛を込めて。。」とまわりの人々への感謝の気持ちを綴っている。写真での彼はいささか疲れているようにも見えるが、本人が直接無事を報告してくれたことはファンにとっても本当に嬉しいことだろう。コメント欄には「無事に成功して良かったです」「おかえりなさい 報告ありがとうございます」「無理しないでゆっくり療養してくださいね」などと、温かい言葉であふれ返っている。

YOSHIKI Instagram

7月に予定されている『X JAPAN WORLD TOUR 2017 WE ARE X』、 8月から9月にかけて予定されている『YOSHIKIプレミアムディナーショー』など今後の活動に関しては、 YOSHIKIの術後の回復状況を見ながら判断のうえ、 近日中に報告される。彼がゆっくりと療養し、万全な状態でふたたび素晴らしい演奏を聴かせてくれることを心より願いたい!

[耳マン編集部]