注目映画『坂道のアポロン』にディーン・フジオカの出演決定!トランペット&歌声を披露

ニュース

[2017/5/26 06:05]

これはファンはたまらない!

知念侑李(Hey! Say! JUMP)が主演を務める青春音楽映画『坂道のアポロン』に、俳優のディーン・フジオカが出演することが決定。トランペット奏者を演じ、歌声も披露するとのこと!? これはファンはたまらないだろう。

<耳マンのそのほかの記事>

注目の作品 知念侑李は映画単独初主演

『坂道のアポロン』は2018年に全国公開が決まっている注目の映画。海辺の街を舞台に、切ない恋と胸を打つ友情、音楽(ジャズ)に青春をかけた若者たちの姿を描く。原作は『このマンガがすごい!2009』オンナ編で1位を獲得し、第57回小学館漫画賞一般向け部門を受賞した少女コミック。フジテレビの深夜のアニメ枠『ノイタミナ』にてアニメも放送され(2012年4月から6月)、若手ジャズミュージシャンの松永貴志(ピアノ)、石若駿(ドラム)を演奏に起用した、本格的なジャズサウンドと斬新な映像表現の融合が話題となった。

同作でメガホンを取るのは、青春映画の名手として知られる三木孝浩監督。都会から長崎県・佐世保市へと引っ越してきた転校生で、周囲に心を閉ざしがちな主人公・西見薫を演じるのが、映画単独初主演となる知念だ。そして、“札付きの不良”と恐れられる存在でありながらジャズに精通するクラスメイト・川渕千太郎を中川大志、千太郎の幼馴染で薫が想いを寄せる心優しい女の子・迎律子役を小松菜奈が演じる。

【かっこいい】お酒を飲みもしないのにジャズバーで歌っていた曲……

この度、主要キャストの追加発表にてディーン、真野恵里菜、中村梅雀の出演が決定。ディーンは千太郎が実の兄のように慕うトランペット奏者・桂木淳一を演じる。この役のために2016年8月から練習を開始したといい、劇中ではジャズの名曲『But Not For Me』で歌声も披露するとのこと。

ディーンは役どころについて「お酒を飲みもしないのにジャズバーに行ってはセッションで歌っていた、思い出の『But Not For Me』を本作品で歌えて、大変嬉しく思います。音楽が好きで、ジャズが好きで、チェット・ベーカーが好きで、だからトランペッターが歌う、と言うキャラクターに特別に強い憧れがありました。その想いを余すことなく本作品に込めて、桂木淳一の役を全力で演じさせて頂きたいと思います」と熱い思いを込めてコメントしている。

川渕が一目惚れするミステリアスな美女・深堀百合香を演じる真野恵里菜、迎律子の父親でレコード店・ムカエレコードの店主・迎勉を演じる中村梅雀の演技にも注目。ディーンの出演決定でますますの注目を集めることになりそうだ。

[耳マン編集部]