リスペクト伝わるこの表情……YOSHIKIがマイケル・ジャクソンの命日に豪華2ショット公開

ネットで話題

[2017/6/26 12:19]

なんとも豪華な2ショット……

“キング・オブ・ポップ”ことマイケル・ジャクソンの命日である6月25日に、YOSHIKIが生前のマイケルと撮影したツーショット写真をInstagramに公開。「the world lost a legend」とのコメントとともにマイケルを偲んだ。

8 years ago today, the world lost a legend— #RIP #MichaelJackson https://www.instagram.com/yoshikiofficial/

Yoshikiさん(@yoshikiofficial)がシェアした投稿 -

YOSHIKI Instagram

<耳マンのそのほかの記事>

YOSHIKIがロサンゼルスに所有していたスタジオをマイケルが使用したことがあったり、2006年に東京で開催されたマイケルの来日歓迎パーティーでも対面するなど、親交があったというふたり。マイケルが死去した際にもYOSHIKIは「マイケル・ジャクソンは偉大なアーティストだけでなく真のエンターテイナーだった。世界中のアーティストから多大な尊敬を受けていて、自分もそうでした」とのコメントを寄せ、深く悲しんでいる様子をみせていた。公開されたツーショット写真でもYOSHIKIは少し照れたような表情をみせており、彼がどれだけマイケルをリスペクトしていたのかが伝わってくる。

大手術からの復帰を目指すYOSHIKI

マイケルの死去からもう8年前が経つ。あらゆるシチュエーションで彼が残した名曲に触れる機会が多いためか、YOSHIKIのコメント欄にも「もう8年」「そんなに時間が経ったのですね」などのコメントが寄せられており、時の経過に驚いている人が多いことがうかがえる。YOSHIKIは現在、大手術からの復帰を目指して奮闘しているが、彼もまたマイケルに多くの勇気をもらっているに違いない。マイケルが描けなかった夢の続きを、YOSHIKIがみせてくれることに期待したい!

[耳マン編集部]