鈴木亮平が嵐・大野智の“超人”エピソードを明かす! 映画『忍びの国』撮影秘話がスゴい……

ネットで話題

[2017/6/28 14:23]

鈴木亮平が映画『忍びの国』の撮影秘話を明かす

俳優の鈴木亮平が6月27日にブログを更新。7月1日より公開される映画『忍びの国』に出演する彼は、撮影中のエピソードや作品への思いを写真とともに綴っている。

鈴木亮平オフィシャルブログ

<耳マンのそのほかの記事>

同作は『のぼうの城』『村上海賊の娘』などの著作で知られる小説家・和田竜のヒット作『忍びの国』を実写化したもの。天下統一に向けて勢力を伸ばす織田信長が手出しを禁じた伊賀の忍び集団に、信長の次男・織田信雄が攻め入り、忍者と侍の戦いに発展していく……といったストーリー。主演の大野智(嵐)が伊賀一の忍びでありながら妻には頭があがらない主人公の無門を熱演。そのほか、無門の妻・お国を石原さとみ、織田軍最強の武将・日置大膳を伊勢谷友介、物語の鍵を握る忍び・下山平兵衛を鈴木が演じている。

過酷な決闘シーン後の痛々しい姿を公開……

鈴木は映画のヒット祈願をしたという浅草寺をバックに、和服姿で佇む男前な写真や、劇中に登場する決闘シーンの撮影後のエピソードを披露。3日間続いたという決闘シーンの撮影について鈴木は「いやぁ…思い出すだけでもキツい(笑)全身をアイシング&マッサージ」と振り返り、監督の気遣いから現場に呼ばれていたトレーナーによるアイシングとマッサージに助けられたことを報告。痛々しい姿の写真とともに「このおかげで僕は、何とか3日間の死闘を乗り越えることができました」と、撮影秘話を明かした。

鈴木亮平オフィシャルブログ

嵐・大野も“超人”エピソードも明かす!?

しかし、鈴木が3日間ともに決闘シーンをやりきった大野に「あのアイシング助かりましたよねー」と話をしたところ、「あ、オレやってないんだよね。あれ冷たいし、マッサージとか苦手で」という“まさかの返答”があったという。鈴木は大野について「ふむふむ…超人ですね」と綴り、そのタフさをコミカルに称賛している。

これらのエピソードについてファンからは「そんな努力の作品!必ず観に行きます!!」「決闘シーン今から凄く楽しみになりました」と、映画へ期待するコメントも多数寄せられている。スクリーンでの彼らの勇姿をぜひ楽しみにしたい!

[耳マン編集部]