「涙出ます」「届けてくれてありがとう」小室哲哉が妻KEIKOの歌声を公開……温かい声援寄せられる

ネットで話題

[2017/8/15 19:00]

小室哲哉が妻KEIKOの歌声を公開

ミュージシャンで音楽プロデューサーの小室哲哉が8月15日、妻で歌手のKEIKOの歌声をInstagramにて公開した。

病気後に創って唄ってみた keikoの声です。きっと今は もっと上手になってると思う。

Tetsuya Komuroさん(@tk19581127)がシェアした投稿 -

小室哲哉 Instagram

<耳マンのそのほかの記事>

小室哲哉

KEIKOは2011年にくも膜下出血と診断され手術を受けて以降、自宅療養と通院によるリハビリを行っており、表立った音楽活動は休止している。今回小室は投稿した動画について「病気後創って唄ってみたkeikoの唄です」「きっと今はもっと上手になってると思う」とコメント。夕焼け空に「2016〜2017 KEIKO」と描かれた映像には優しい旋律の楽曲が流れ、KEIKOは透き通った美しい声を響かせている。彼女のハッキリとした滑舌からは、ひとつひとつの言葉の発音もしっかりと聴き取ることができる。

「涙出ます」「届けてくれてありがとう」ファンから温かい声援寄せられる……

小室は8月9日にTwitterにて、KEIKOが「今の私にあった曲なら唄えるよ〜」と音楽活動に意欲をみせていることを明かし、「桂子がkeikoになれるかもと、、僕こそ信じないとね!」と前向きな思いを綴っていた。今回、この嬉しいサプライズにファンからは「KEIKOの歌が聴けて嬉しい 涙出ます」「相変わらずいい声ですね」「鳥肌立ちました」「大切な歌声、届けてくれてありがとうございます」「久しぶりにあの声が聴けて感動しました」「小室さんの寄り添いの力ですね。そして桂子さんの努力も!」と感動のコメントや温かい声援が多数寄せられている。今後もふたりのさらなる活躍を陰ながら応援したい。

小室哲哉 Twitter

[耳マン編集部]