「キッチン×水着は最強」SKEメンバーがフェティシズムあふれるグラビアカメラマンに挑戦!?

ニュース

[2017/8/18 13:28]

SKEの棚柳明音がグラビアカメラマンに挑戦ッ!

SKE48のメンバーで『第9回AKB選抜総選挙』にて選抜入りも果たした高柳明音が、本日8月18日に発売されたフォトマガジン『ENTAME genic Side a』にてグラビアカメラマンに挑戦した。

高柳明音

<耳マンのそのほかの記事>

今回、高柳の被写体になったのは、2015年に開催された新世代のグラビアアイドルを発掘するオーディション『グラビアサンシャインオーディション』のグランプリであるタレントの莉音。これまで“ちゅりかめら”と題してSKE48のメンバーも多数撮影してきた高柳も、グラビアカメラマンに挑戦するのは初めて。彼女は「普段は自然な表情を撮るを意識してるんですが、自然な表情ももちろん、でもグラビアといえばキリリとまっすぐカメラを見つめてくるあの顔に男性はそそられるじゃないですか。きっと。だからそういう表情も撮らなきゃー!ってなりました」(原文ママ)と普段のちゅりカメラとの違いを意識しながら撮影を実施したという。

「キッチン×水着は最強」フェティズムあふれる(!?)ショットがステキ

そんな高柳が撮影したのは、キッチンに水着姿で座るといったシチュエーションのフェティズムあふれる(!?)ショット。モデルとなった莉音は明るく自然な表情をみせており、キュートな魅力が発揮されている。高柳はそんな撮影の感想を「水着の女の子を撮るということにあまり慣れていないので いつも自分が撮ってもらう時のことを思い出しながら どうしたら水着の女の子が可愛く写るかを考えました。あとは自分の好きなシチュエーションも入れ込みました。笑 キッチン×水着は最強だと思うのです。(独断です。)撮られることが多いぶん女の子の気持ちも撮られる方の気持ちも考えながら撮影させていただいたつもりでございます!」と語っている。

莉音

異次元っぽいイメージや水中カメラ……今後の意欲も語る

今回、初めてながらも優れたカットを連発した高柳は「もっとライトアップとか世界観をがっつり固めた撮影もしてみたいです。もともと二次元好きなので異次元っぽいイメージのものだったり。。あと個人的に水中でもっと上手に写真を撮れるようになりたいので水中カメラを主にやってる方に教わりたいです!」とこだわりをみせ、今後の撮影活動にも意欲をみせている。

同誌には高柳も被写体として登場しているほか、“1000年に一度の童顔巨乳”のキャッチフレーズでグラビア界を席巻しているSUPER☆GiRLSの浅川梨奈や、同グループのメンバーで“可愛すぎる困り顔”としてグラビアにて頭角を現している渡邉幸愛など、話題沸騰中のグラビアアイドルが勢ぞろい。高柳のカメラマンとしての手腕を確認しつつ、ステキな女性たちの写真で癒されてみてはいかがでしょうっ!?

[耳マン編集部]