高岡早紀が人生初のインストアライブ&サイン会を開催「こんなに近くで皆さんと交流できてうれしい」

ニュース

[2017/9/11 13:15]

ボサノヴァアルバムを発売した高岡早紀

8月23日に約3年ぶりのアルバム『SINGS -Daydream Bossa-』をリリースした女優・高岡早紀が、9月10日にタワーレコード新宿店で人生初のインストアライブ&サイン会を開催した。

高岡早紀

<耳マンのそのほかの記事>

2014年に幼少期から親交あるピアニスト山下洋輔をゲストに迎えたジャズアルバム『SINGS -Bedtime Stories-』をリリースした高岡。両親がジャズ喫茶を経営していたという自身のルーツに初めて正面から取り組み、23年ぶりのアルバムリリースとライブ活動の再開ということでも大きな話題を呼んだが、グランドピアノを必要とする山下との共演をCDショップで再現することは難しく、店頭イベントを行うことはなかった。

このたび、SAKI SINGSシリーズ第2弾としてリリースされた『SINGS -Daydream Bossa-』はタイトルどおりボサノヴァを歌ったアルバムで、念願叶って彼女が人生初のインストアライブを開催。この日は、ツアー用に作成したTシャツにジーンズというラフなファッションで登場し、ブラジルのリオで生まれたボサノヴァにぴったりの“普段着セクシー”な一面を披露した。

高岡早紀

ファンも撮影OKのフォトセッション、サイン会も

ライブはCDにも参加したギタリストの吉田智とウッドベースの小泉P克人を従えたアコースティック編成となり、アルバム収録曲2曲を披露した高岡は「本当に、このようにお店で歌うのは初めてだったので、とてもいい経験でした。こんなに近くで皆さんと交流できてうれしいです。ありがとうございました」とコメント。ライブ終了後は、取材用のフォトセッション(ファンも撮影OKという粋な計らいも)をはさんで、アルバム購入者を対象としたサイン会を実施、集まった多くのファンとの交流を深めた。

イベントの様子

アイドル時代は、当時の事務所の戦略で、加藤和彦等がプロデュースした素晴らしい音楽作品をリリースしながらも人前で歌うこと自体が極端に少なかった高岡。2014年の音楽活動再開後は、全国のライブハウスやイベントなど、多忙な役者としての活動の合間をぬって、少しずつ歌う機会を増やしており、多くの音楽ファンを魅了しているようだ。9月27日、28日、30日には、名古屋、神戸、東京でCD発売記念ライブが行われる。

[耳マン編集部]