秋こそスキューバダイビングがオススメ!? 耳で楽しむ海の魅力もあるという話

特集・インタビュー

[2017/9/12 17:00]

ダイビングの聴覚的な楽しみ方……?

徐々に涼しくなってきて、夏ももう終わりを告げようとしていますね。夏のうちにたくさん海に行ってウェーイ!したかったものの、今年は雨が多くてなかなか遊びに行けませんでした。しかし、ここで朗報っ! 実はスキューバダイビングって秋がいちばんオススメなんですって。しかも、魚を観るといった視覚的な楽しみ方だけでなく、聴覚的な楽しみ方もあるそう。ウェーイ!的な方向性ではないし、スキューバダイビングやったこともないけど、これはかなり気になる……! そこで今回は、世界最大級のスキューバダイビング教育機関であるPADIの日本支社PADI Japanにお邪魔して、スキューバダイビングの“聴覚的”な楽しみ方をうかがってきました。

海中では何が聞こえるの……!?

<耳マンのそのほかの記事>

やっぱり興奮するのは“ヤツ”の声

今回お話をうかがったのは、PADI Japanの経営企画部・鴫谷さん。そもそも海のなかってどんなふうに音が聞こえるんです!?

「水中は陸上に比べて音の伝達スピードが4倍くらい速いんです。陸上では左右の耳に音が到達するタイムラグによってどの方向から音がしたのかを判断しているのですが、水中だとほぼ同時に左右の耳に音が到達します。そのため、どの方向から音が鳴っているのかが判断しにくいんです。それがおもしろいところですね」

海中は4倍のスピードで音が届く

それって結構こわそうですね……。実際にはどんな音が聞こえてくるんでしょうか?

「潜っているときに地震が来たりすると、どこからともなく“ゴゴゴゴゴゴー!!!!!”っていうものすごい音がしてこわいらしいです……。僕は幸いにも体験したことがないですけどね……。深いところに潜ると呼吸音以外は無音に近くなっていきますが、例えば岸に近ければ岩がガラガラと転がる音がしたり、波が打ち寄せる音が聞こえたり。魚が岩に付着したエサを突っついたりするかすかな音だって聞くことができるんですよ」

お魚の食事中の音が!?

魚がエサを突っつく音なんて可愛いですね。イルカの声を聞いたりもできますか!? イルカに会ってみたいんですけど!

「はい、聞くこともできますよ! やっぱりイルカの声を聞くときがいちばん興奮します! 伊豆諸島の御蔵島はイルカに会えるスポットとして有名で200頭くらいのイルカがいるので、海に入ったらすぐに“キューキュー”とか“ギリギリ”“ジージー”などの鳴き声が聞こえてきます。あとは“シンギングホエール”とも言われるザトウクジラの鳴き声も有名です。水中でクジラと一緒に泳ぐのは規制などにより難しいのですが、たまたま近くを通りかかることはあるんですね。「ホワ〜〜ン」っていう鳴き声が可愛いんです。冬の沖縄周辺や小笠原諸島はザトウクジラの回遊のルートになっているので、姿は見えなくても声を聞くことができたりもします」

イルカに会いたい……

骨伝導トランシーバー!?

これはいつか御蔵島に行ってみないとですね。ちょっと話は逸れますが、音楽を聴きながらダイビングをするような人もいるのですか?

「水圧に耐えられるものがないので、ダイビング用の音楽プレイヤーは今のところないと思います。潜っているときくらい日常の喧騒から離れたいっていう人も多いと思いますしね。でも、最近は骨伝導で会話できるような装置があるんですよ。基本的にはダイビング中はハンドシグナルでコミュニケーションをとるのですが、骨伝導のトランシーバーが開発されまして。これ、送受信もできて便利なんです。ダイビングの講習のときなどに重宝していますよ」

こちらが水中トランシーバーだ。何とも斬新な見た目
使用中の様子

トランシーバーも開発されて、より講習を受けやすくなったところもありそうですね。実際にはダイビングをやってみたいっていう人は増えていますか?

「横ばいではありますが、年間で35,000人くらいが講習を受けてCカード(ライセンス)を取得しています。25歳から35歳くらいの方が多いですね。6割くらいの人はひとりで始めていますよ!」

おぉ!これはなおさらやってみたい! 今からでも間に合いますか!?

「もちろんです。1年中できますし、日本の海は秋がコンディション的にもベストなんですよ。水の透明度も高いし、魚の数も多いし、秋がいちばんおすすめです。PADI Japanのホームページを覗いていただけければ、PADIに登録している全国のショップが調べられます。まずは体験ダイビングからでもいいと思いますので、ショップに連絡をしてみていただければと思います。道具はレンタルできますし、泳ぎが苦手な人でも大丈夫です!」

講習を受けるともらえる技能認定証(Cカード)。ほしいぃぃ!!!

話にもあったとおりPADI Japanのホームページは、ダイビングに役立つさまざまな情報が充実。耳の肥えた『耳マン』読者こそ、海中の音に癒やされてみてはいかが? 今秋こそダイビングデビューだ!

[Oh!!ビーフ]