つまらない世の中? ダメなものはダメ? 『こち亀』クソコラ騒動で波紋

ネットで話題

[2017/9/17 17:00]

「#全部同じじゃないですかクソコラグランプリ」とは?

漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(以下、『こち亀』)の内容を改変した画像を公開したとして、茨城県水戸市にある水戸芸術館が謝罪した。ネット上で人気の“クソコラ”界に波紋が広がっている。

<耳マンのそのほかの記事>

クソコラとは、実在の人物の画像や、漫画のワンシーンなどを素材としてコラージュしたネタ画像のこと。Twitterでは、「#全部同じじゃないですかクソコラグランプリ」として、『こち亀』にある、両津勘吉がいろいろなフィギュアを披露して中川圭一に「全部同じじゃないですか!?」と困惑されるシーンを元に、ファン以外には違いがわかりにくいものをまとめたコラージュ画像を投稿するのが流行していた。

水戸芸術館は投稿削除して謝罪

そのフォーマットにのっとり、水戸芸術館は、同施設内にあるシンボルタワーのさまざまなライトアップをまとめたコラ画像を投稿した。ブームに乗って施設のアピールをしようという思惑だったのだろうが、9月14日に「昨日、(株)集英社様ともご相談のうえ投稿を削除いたしました。今後は著作権者の権利保護に充分留意し情報発信をしてまいります」とツイートして謝罪した。

水戸芸術館Twitterアカウント

ネット上では、「つまらない世の中」という声もある一方、「ダメなものはダメ」という声も多い。ネット上ではクソコラが人気で、多くの画像が投稿されているが、あらためてネットユーザーが著作権について考えるきっかけとなったようだ。

[HEW]