これがパリピってやつか……サブカル漫画家&編集者が“リムジン女子会”を体験してみた!

ニュース

[2017/9/29 17:00]

最近リムジンで合コンや女子会を行うのが流行ってるらしい……

最近、巷ではリムジンを貸し切って女子会や合コンを行うのが流行っていることをご存知でしょうか。リムジンって海外セレブや富裕層が乗るものじゃないの? お高いんでしょ? ノンノン! 今流行りのサービスではお手頃価格でリムジンを貸し切ることができるんですって! 今回は話題の『カジュアルリムジン』を、リムジンとは無縁なサブカル編集者のわたくしピアノと、カルト的な人気を誇る漫画誌『アックス』などで活躍中の漫画家・鈴木詩子先生のふたりで体験してきましたっ。一体どんな未知の世界が待ってるの!? ドッキドキ♡

鈴木詩子先生。プロレス好きを活かして“もえプロ女子部”のマネージャーとしても活躍!

<耳マンのそのほかの記事>

ひとりあたり4,000円の明朗会計ってマジか

今回体験する『カジュアルリムジン』では90分かけて都内を回り、車内ではスパークリングワインが2本、ウイスキーが1本付き、ソーダやミネラルウォーター、おつまみが食べ放題で、ドリンクやフードの持ち込みもOK。定員は9名で価格は36,000円の明朗会計! 9名で乗ればひとりあたり4,000円で、リムジン内で飲み会ができちゃうのです。スゴい……。さっそく発着&終着場所の東京・港区のイタリア公園に集合すると、リムジンが来たァー!

停車するとすぐさまドライバーさんが降りて来て、何かを準備し始めます……

レッドカーペット来たァー! この上を歩くの!?

少々遠慮がちに乗り込む詩子先生。私もそのあとに続きます。緊張してお腹痛くなってきた……

車内ってどうなってるの? 良いオイニー(匂い)の正体は何?

さっそく乗り込んでみたところ……さすが定員が9人というだけあって、シートが広い! そして、車の中なのにバーみたいになってるぅ。ええ感じのオイニー(匂い)も充満しています。ここがパリピの巣窟か……。

氷のなかにシャンパンが冷やされていたり、ワイングラスやウイスキー、おつまみも完備されていて至れり尽くせりですわぁ。お店みたい!

ギラついている照明はさまざまな色に変化し、パリピ的な雰囲気を盛り上げます。車内の良いオイニー(匂い)の印象を、詩子先生に聞いてみました。「(神妙な面持ちで匂いを確かめながら)……“スパとかの良い匂い”がしますね」

車内のモニターでは洋楽アーティスト(ケイティ・ペリーやアリアナ・グランデなど)のMVが流れ、パリピな音楽が鳴り響きます。詩子先生、この音楽って言葉で表すとどんな感じですか?「ドンチャンドンチャンしてますね、はい」

サラサラした素材の黒いワンピースとピンヒールでおめかししてくださった詩子先生。今日のファッションテーマは?「そりゃあもちろん、『セックス・アンド・ザ・シティ』です。観たことないんですけどね」。ミニスカートからチラリと見える美脚にドキドキ!

とりま酒の力で緊張をほぐそう

初めてのリムジンにひとしきり大興奮した我々は、シャンパンをいただくことに。ピンク色でインスタ映えも必至なロゼのスパークリングワインで乾杯!

わぁ〜っ、SNSでよく見る感じの光景やぁ! 今回不慣れな我々をアテンドするため同乗してくださったスタッフさんも交えて乾杯っ。

私、『耳マン』編集部に入って良かったです……。「私も、漫画家になって良かったです……」と言い合いながら杯を酌み交わしました。

「普段は後楽園ホールで趣味のプロレス観戦をしたあとに、餃子の王将でビールを飲んでその日の試合を語るっていう黄金のコースをよくやっているんですが……たまにはこういうのも良いですね!」

レインボーブリッジと記念撮影!

お酒の力により緊張もほぐれたところで、レインボーブリッジに到着。車を停車してもらい、景色を眺めてみることに。都内近郊に住んでいても、こういった観光スポットってなかなか行かないものじゃないですか? これまでレインボーブリッジをじっくりと鑑賞したことがなかったので、とっても新鮮でした。

これが“封鎖できない”でお馴染みのアレかぁ……。まばゆい光と海とのコントラストが素敵。

せっかくなんでリムジン越しのレインボーブリッジと記念撮影。最高にアーバンです! この写真、何かのジャケにしましょう!

セレブ気分に酔いしれ始める一行

ひとしきりレインボーブリッジを堪能したら、車内に戻ってドライブは続きます。合コンの場合ではここでナチュラルに席替えすると良いと思いますよっ!

じゃあここでセルフィーでもしときます? インスタにアップしちゃいましょっか? と、リア充的な行動もバッチリ体験っ。

なお、マジックミラーになっているので車内の様子は外から見えないのです。雰囲気に酔いしれてセレブ気分になってきた我々は「おやおや、外では庶民のみなさんが徒歩をつかっていらっしゃいますなぁ」「人がゴミのようですねぇ」などと会話の内容も変化。

しかし、窓際に置いてあったおつまみが“銀紙に包まれたツナのやつ”と“エリーゼ”であることに気付くと、いつものサブカルマインドを取り戻しました。どちらも間違いなく美味しいやつですよね。オシャレぶってるお菓子とかよりアガる! 逆に!

東京タワーで感動のクライマックスへ……

すっかり『カジュアルリムジン』の魅力に取り憑かれてしまったところで、次なる目的地・東京タワーに到着!

車内の天井の窓から真っ赤な骨組みが見え、ふたりして“キャアー!”と黄色い声をあげてしまいました(照)。

車内から撮った写真。東京タワーがこんなに間近で見れるなんてっ! すごい迫力です。

ふたたび停車いただき、東京タワーをバックに記念撮影。詩子先生が敬愛している新日本プロレス・棚橋弘至選手の決めポーズをしてもらいました! キマッてるゥ

天井の窓からピョコリと顔を出す詩子先生。手にはワイングラス。辞書の「富豪」のページにこの写真を載せたいっす……。

詩子先生の1番好きな漫画は楳図かずお先生の『わたしは慎吾』だそう。同作のとても重要なシーンには、なんと東京タワーが登場するのです。「漫画家になって、リムジンに乗って東京タワーを見ることができるなんて、感無量です……」と語ってくれました。エエ話やないかー!

90分間のセレブ気分……気軽に非日常感が味わえたッ!

東京タワーからふたたび数分間のドライブ後、発着&終着場所のイタリア公園に着き、夢のような時間は終わりました。いやぁ〜、乗ってから降りるまで余すことなくセレブ気分を味わうことができ、大満足です! 確かに、気軽に非日常的な気分を味わえるのが魅力的だと思いました。お誕生日のお祝いや結婚式の2次会で利用する方も多いとのこと。今後はハロウィンやクリスマスなど、イベントごとに車内の内装も変わるんですって! インスタ映え間違いなしですねぇ……。気になった方はぜひオフィシャルサイトをチェックしてみてくださいっ。

「原稿ばかり見て、下ばかり向いてちゃダメですね。たまには外に出て、上を見ないと。今日は素敵な体験ができました!」と、しみじみ夜空を見つめる詩子先生。リムジンを降りた我々は地下鉄に乗り、家路に着きました。

榊ピアノ