はなわ、あの名曲のモデルとなった義父の死去を報告「こんな素敵な娘を僕にくれて、ありがとうございます、お義父さん」

ネットで話題

[2017/10/12 11:25]

「こんな素敵な娘を僕にくれて、ありがとうございます、お義父さん」

お笑い芸人・はなわが、自身の再ブレイクのきっかけとなった楽曲『お義父さん』のモデルとなった義父が10月8日に死去したことをブログにて報告。「こんな素敵な娘を僕にくれて、ありがとうございます、お義父さん」と旅立った義父にメッセージを送った。

はなわオフィシャルブログ

<耳マンのそのほかの記事>

『お義父さん』は、2016年にはなわが妻の智子さんのために制作したハートフルな楽曲。智子さんの天然エピソードや、彼女がはなわにとっての初恋の人だったこと、そして智子さんの父親が産まれたばかりの彼女を置いて出て行ったしまったという切ない過去などが明かされており、ネット上で「感動する」と話題を呼んで2017年5月24日にリリースされるに至った。同曲はまだ見ぬ義父に思いを馳せるはなわの気持ちが歌われたものだったが、大きな反響を呼んだことがきっかけとなって、はなわ一家と義父との対面も実現していた。

胃がんで闘病中だったお義父さん「紅白で『お義父さん』が聴けたら嬉しいなぁ」

そんな義父は、近年は末期の胃がんで闘病中だったという。ブログでは、10月10日に行われた告別式後の食事会ではなわが『お義父さん』を歌唱したこと、生前の義父から「紅白で『お義父さん』が聴けたら嬉しいなぁ。それまでは逝けないわ」と激励の声をかけられていたことなどが明かされている。

はなわは同曲について「この『お義父さん』の歌がきっかけで嫁も僕もそして子供たちもお義父さんに会うことができました。もしもこの歌を来年作っていたらお義父さんには会えなかった。このタイミングで作った事に、何か不思議な力を感じるんです」「お義父さんのおかげで歌が生まれ、そして家族の絆が深まりました」と綴り、「お義父さんの為にもこれから家族みんなで力を合わせて頑張っていこうとおもいます。そして、大切なこの歌を一生かけて歌っていこうと思います。いつまでも空から見守っていてください。そして、最後にこんな素敵な娘を僕にくれて、ありがとうございます、お義父さん」と、愛にあふれた別れの言葉で締めくくった。

この『お義父さん』が紅白歌合戦で歌唱されれば大きな感動を呼ぶことは間違いないだろう。亡き義父の願いは叶うだろうか。

[耳マン編集部]