『海月姫』が月9ドラマ化! 芳根京子『べっぴんさん』以来の主演に「びっくりが止まらない」

ニュース

[2017/11/7 12:28]

『海月姫』が月9ドラマ化! 主演は芳根京子

女優の芳根京子が11月7日にブログを更新し、2018年1月よりスタートするドラマ『海月姫』の主演を務めることを報告。彼女にとってはNHK連続テレビ小説『べっぴんさん』以来のテレビドラマ主演で、初の“月9”主演となる。

芳根京子 オフィシャルブログ

<耳マンのそのほかの記事>

『べっぴんさん』以来の主演に「びっくりが止まらない」!?

『海月姫』の原作は累計420万部を超えた東村アキコによる同名漫画。2010年にはアニメ化され、2014年には現在“のん”として活躍する能年玲奈の主演で映画化されるなど人気を博している。同エントリーにて芳根は原作漫画を手にした自身の写真とともに、主人公の倉下月海役を演じることを発表。「まさかまさかでまだびっくりが止まらないのですが、やらせていただく以上、毎週月曜が楽しみになってもらえるように、皆さんに笑顔になってもらえるように、精一杯最高な作品をお届けします!」と意気込みをみせている。

芳根京子 オフィシャルブログ

また、彼女は今回情報が解禁できたことを「やっと皆さんにお伝えできた」と喜び、「毎年毎年、大役をやらせていただけて本当に嬉しく思います。『べっぴんさん』から初めてのドラマの主演ということでものすごいプレッシャーはありますが、この頂いたチャンスを無駄にしないよう全力で、自分らしく、ね」との抱負も綴っている。

なお、同ドラマのほかのキャストについての情報は11月7日時点では発表されていない。続報にも期待しようっ。

[耳マン編集部]